a0002_009263



相変わらずコラーゲンが女性の間で大人気ですよね。コラーゲン入りのドリンクとかコラーゲン配合の化粧水とか……。コラーゲンって、塗っても食べても、さほど意味がないこと、知ってますか?ここでは女医さんに教わったコラーゲンのからくりをご紹介したいと思います。


●コラーゲンが浸透しないわけ

(1)分子が大きすぎる

コラーゲンはすごく大きな分子です。よって食べても飲んでも、肌の奥深くに浸透しません。浸透する分子サイズは、たとえばアミノ酸です。だからコラーゲンを食べたり塗ったりするくらいなら、アミノ酸を食べたり塗ったりしたほうが、まだマシなのです。



恋愛テクニック集!恋愛ブログランキングへ メンズエステ セラピスト検索 ジョーライブ

(2)肌のために使われるとは限らない

食べたり塗ったりしたコラーゲンは、必ずしも私たちが希望するように美肌づくりに使用されるとは限りません。コラーゲンは、たとえば膝の軟骨をつくるときに使用されます。また各臓器もコラーゲンを必要としています。基本的には生命を維持することに優先的に使用されるので、肌にはあまり届いていいないと思われます。



●効率的にコラーゲン美肌を目指す方法

コラーゲンは食べたり塗ったりするのではなく「肌細胞がコラーゲンを生成するように仕向ける」ことが1番重要なのです。その方法は以下の3つです。

(1)ビタミンC誘導体配合の美容液を使用する

美肌づくりにはビタミンCが欠かせないと言われている理由の1つは、ビタミンCがその他の成分と反応し合って、細胞のなかにコラーゲンを作ってくれるから。ビタミンC誘導体配合の美容液は高価ですが、コラーゲンをちゃんと作ってくれます。



(2)アミノ酸を摂取する

上にも書いたように、コラーゲンに似た成分で浸透率がいいのがアミノ酸です。アミノ酸配合の美容液やアミノ酸ドリンクを愛用しましょう。



(3)寝る

自律神経のバランスがおかしいと、細胞はコラーゲンをつくることを拒否します。正常な肌のターンオーバーがあってこそ、コラーゲンは細胞間に溢れてきます。ちゃんと寝ましょう。お肌のゴールデンタイムと言われている10時から2時のあいだにはベッドに入ることです。


モテ肌のつくりかた、いっぱいあります!恋愛ブログランキングへ
名古屋メンズエステ愛知・名古屋メンズエステ求人