恋愛とセックスの悩みにホンネで答える女子力アップサイト| 姫テク ~HIMETEKU~

女性の恋愛とセックスの悩みにホンネで答える女子力UPブログ『姫テク』。「男の人って、なにを考えてるの?」「本当に男が好きなエッチのテクニックって?」「本当に気持ちいいセックス・オナニーは?」など、男女の生態やホンネに鋭く迫っていきます。悩みや感想など、お気軽にコメント・メッセージしてくださいね♪メンズエステ求人

アソコ

じつは男子が悩んでいる下半身のこと

05


アソコが小さいことを悩んでいる男子……当然います。
アソコが大きすぎることに悩んでいる男子も、当然います。
そういうサイズのことは、当たり前の悩みとして、それ以外に男子は、自分の下半身にどんな悩みを抱いているのでしょうか。

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
エッチな恋愛テクニックを極める!にほんブログ村
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ


■ズバリ「金がかかりすぎる」
ふつうに健康的な男子は、性欲とともに生きるしかありません。
どんなにマジメにお勉強をして、たとえばエリート官僚になったところで、よほど学問好きでもない限り、彼は性欲とともに、性欲に支配されつつ生きるしかないわけです。

そして、性欲が必要十分なほどに満たされている男子は、案外少ないものです。
特定の彼女と、必要十分なだけセックスすることができているので、ぼくは性欲とうまくお付き合いできています……なんてことを言う男子は、案外少ないものです。

たいていは「もっとしたい」と思っています。

あるいは、特定の彼女がいないので、どうにかしてセックスできる女子と出会おうとします。
そして多くの男は、「お金さえあれば、セックスできる」と考えています。

だから、男たちはたとえば、夜な夜なキャバクラに通います。キャバクラに行かず風俗店にさっと行けば、さくっとセックスができると知っていても、「やっぱり恋愛的な感情を抱いたうえで、セックスしたい」と思うのか、せっせとキャバクラに通って、セックスできそうな女子を探します。
お金がかかってしかたありません。

***

特定の彼女がいる男子だって、いつ彼女に振られてセックス難民になるのかわからないので、彼女のためにせっせとお金をつかいます。

つまり、男にとって、「セックスしようと思えばまずは金」という感覚って、ほぼ絶対的なものなのです。

なにも愛情が金で買えるなんて情のないことを考えているというわけではありません。多少の金がないとセックスできないと思っているのです。

***

対して女子は、セックスするのにお金がかからないですよね。
かくして、ほぼ全員の男子は、(もっと)セックスしたいけど金がないという悩みを抱き続けるのです。


みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
エッチな恋愛テクニックを極める!にほんブログ村
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ

彼女のもりまんを見た彼氏のホンネ

09

今回は、「彼女のもりまんを見た彼氏のホンネ」についてご紹介したいと思います。
さっそくご紹介しましょう!


■なにが入っているのだろう?
もりまんを見て、「その、立派に盛っているところになにが入っているのかな?」と感じてしまったという探究心旺盛な(?)男子がいます。
もちろんこの男子にしたところで、もりまんの構造くらい知っていると思われますが、水着の上やパンティの上からもりまんを見たとき、そこになにが入ってるのかと、あまり意味のない疑問を抱いてしまうのも、男の性なのかもしれません。


■チンコみたい
彼女のもりまんをパンティの上からモリモリと触ったとき、「ちっちゃちんこみたい」と思ったと言っている男子をいました。
たしかにもりまんって、指でプニプニすれば、それなりの肉量があるわけですから、小さいチンコみたいに感じちゃうのでしょう。


■もっとモリっとさせたい!
もりまんの付け根、つまり両方の太ももの内側あたりを指で押して、もりまんをもっとモリっとさせたいと言っていた男子もいました。
まあ、なんというか、男心としてわからなくはない証言ですが、女子の皆さん、こういった男の気持ちってわかりますか?


■四つん這いにさせて後ろから拝みたい
もりまんを見るにあたって、それを「どの角度から見るかのか
にこだわっている男子もいるそうです。
たとえば若い時に、(今はなき)ブルマーの上からや、スクール水着の上から、同級生の、女子のもりまんを見たことがある男子の中には、彼女を四つん這いさせて、後からもりまんを拝んでみたいと思っている男子もいるそうです。
マニアックな証言なのか、そうでもないのか……。


■もりまんに筋が入っていればいいのに
女子からすれば非常に生々しい話かもしれませんが、もりまんのセンターに縦のラインが入っていたらものすごく萌えると言っていた男子もいました。


いかがでしたか?
はっきり言ってしまえば、もりまんって、男のロマンが詰まってるものです。
もりまんではないペタンコのアソコのことを、男子が嫌いと思っているという話ではなく、男子って、ほら、女子のふくよかなところが好きじゃないですか?
そのふくよかなところの最たるもの(?)が、もりまんなのです。
もりまんをお持ちの女子の皆さん、自分のもりまんにもっと自信を持ってみてはいかがでしょうか!

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
エッチな恋愛テクニックを極める!にほんブログ村
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ

女子として知っておきたい「彼氏のアソコから我慢汁を出す方法

05

今回は、どうやったら彼氏のアソコから大量の我慢汁が出るのかについて、一緒に見ていきたいと思います。
さっそく見てきましょう!


■ジラせば出てきます
基本的には、男子の我慢汁はジラせば出てきます。
例えば、乳首が感じる男子であれば、彼女が彼の乳首を舐めてあげつつ、彼のアソコをシゴいていると、彼が「あ」とか「ん」とかと言いながら、にわかに我慢汁が出てきます。

あるいはフェラの時であれば、彼のアソコの裏筋を舌の先でチロチロしたり、唾液をつけた指先でちょこちょこと触っていれば、そのうち亀頭の先っちょから透明の液体が出てきます。それが我慢汁です。

■素股もまたよろし
あるいは、最近ネット上によく出てくる素股をしても、出てくるでしょう。
例えば、唾液やローションを使って、騎乗位のようなかっこうで、彼の上にまたがります。その姿勢のまま、インしないで彼女のアソコと彼のアソコを軽く擦り合わせるわけです。
そうすると大量の我慢汁が出てきます。

***

というわけで、彼氏に大量の我慢汁を出してもらおうと思えば、ジラせばいいのです。
ジラしというのは要するに「入れない」ということです。
そもそも我慢汁とは、インする時の潤滑液のような役割をするわけですから、大量の我慢汁を出して悶えている彼のかわいいお顔をうっとりと眺めたいのであれば、ゆっくりソフトにじわじわと彼をジラし続けるといいのです。

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
エッチな恋愛テクニックを極める!にほんブログ村
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ

ビラビラが大きくなる理由

04

女子の顔と、アソコの写真がセットになっている写真集があると言われています。
本当にあるのか、ただの都市伝説に過ぎないのか、定かではありませんが、そう言われています。
バブル景気の頃は、いろんな会社にお金が余っていたので、こういう企画のもとで出版された写真集があるのだとか。
何百人もの女子の顔とアソコの写真見ると、ビラビラが全くない女子もいれば、ビラビラがすごく大きい女子もいるとのことです。
今回は、ビラビラが大きくなる理由について、見ていきたいと思います。


■第二次性徴のおかげです
ネット上にすでにたくさん情報が出回っていますが、女子のビラビラは、第二次性徴をさかいに発達していくと言われてます。
その発達の度合いは人それぞれで、 20歳になっても全くビラビラがない女子もいれば、中学生くらいで、指で押し込まないとビラビラがパンツから出てしまうという人もいるそうです。

だから、お医者さんたちは、自分のビラビラの大きさにコンプレックスを持つ必要など全くないと……このように言っています。


■俗説ですが・・・
読み物として面白い(?)コラムを読んでいると、パンツの端っこにビラビラが擦れて痛いとか、歩いているうちにちょっと感じてしまうとか、いろんなことが言われているようです。
こういう面白系の(?)コメントと、お医者さんのご意見を総合的に捉えても、ビラビラというものは人それぞれであると言えるでしょう。

だからということでもないかもしれませんが、美容クリニックの中には、ビラビラを切除する手術をしてくれるところもあるそうです。
こちらも多くの女子が知っていることだろうと思いますが、俗説として、オナニーをしすぎたり、エッチしすぎたら、ビラビラは大きくなっていくということが言われています。

まぁ、いろんな説がありますが、男がおおいに驚くのは、ビラビラが大きな女子に対してではなく、ヤリマンなのにビラビラがなくて美しいピンクのアソコをお持ちの女子に対してです。
俗説に気をとられている男子にとって、これはちょっとした驚きなのです。

「彼のアソコを舐めるのに抵抗がある」けどどうすればいい?

02

今回は、彼のアソコを舐めるのに抵抗があるけど、どうすればいいのでしょうか? というお悩みにお答えしたいと思います。


■ズバリ、そういう彼とは別れるといい

ズバリ、そういう彼とは別れるといいです。

彼のアソコやアナルを「汚い」と思うことなく、もう彼の体中、どこでも舐めることができる……これがホントに愛している証拠なわけです。

本気で愛しあっているカップルにお話を聞いてみるとよくわかります。

「彼のカラダで、汚いと思うところはない。彼のカラダであればどこだって舐めれる」

ラブラブな目をして、こんなことを言う女子は、彼のことを本気で愛していたりします。
もちろん愛なんかなくて、ただのスキモノだというケースだってあるわけですが!


■愛とはなにか?

彼のアソコを舐めるのに抵抗があるけど、彼のことが好きという女子のみなさんは、今しばらく我慢して、ちょこっと舐め続けてみるといいかもしれません。

苦い我慢汁の味に耐え、顎が外れそうになるのに耐え……そうしているうちに、「うまいフェラの方法」が分かってきます。
我慢汁が出てきたら、お口ではなく指で、我慢汁を亀頭の裏に塗ってあげると、彼はお口でやっているときより気持ちよさそうにしているとか……そういうのが分かってきます。

そうやって、彼のアソコをお口以外のもので愛撫してあげるテクニックを磨くのもまた、彼に対する愛情表現のひとつなわけです。

が、本当の愛とは「彼のカラダなら、どこだって舐めれる」というものです。
愛とはなにか? とか わたしは彼のことがホントに好きなのだろうか? と迷ったときは「彼のアソコを舐めれるか否か」を考えるといいのです。

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
エッチな恋愛テクニックを極める!にほんブログ村
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ



お悩み相談
QRコード
QRコード


FeedWind

大阪 メンズエステ求人

▼お疲れの女性にオススメ。
男性セラピスト|メンズセラピストナビ