男子が女子のことを好きになるきっかけとは?

かわいいなあと思った、とか、この子とエッチしたいと思ったとか、「いい子」だと思ったなど、男子が女子のことを好きになるきっかけになる気持ちって、いくつもあります。
いくつもの「きっかけとなる気持ち」に共通するのは、「自分によくしてくれた」です。どういうことか、以下に解説しましょう。

●男子が女子のことを好きになる本当のきっかけについての解説
かわいくないあの子はなぜモテる? とか、非美人でも彼氏を切らせたことのないあの子はどんな手を使ってる? というようなタイトルの記事が、ネットにたくさん出ていますが、要するに、かわいくないあの子は、彼によくしてあげたのです。
男子って、自分によくしてくれた女子のことが、しだいしだいにかわいく見えるようになるんですよね。

たとえば、キャバクラでフリーでついたキャバ嬢が、「お願い! 指名してよ!」と懇願してきた結果、ずっと指名し続ける男がいます。何回か指名しているうちに、ふたりは仲良くなり、彼女は彼にお土産を買ってきたり、同伴したりします。やがて彼はそのキャバ嬢のことをかわいいと思うようになる――これって「キャバクラあるある」です。

スナックでも同じです。「このスナック、パッとした女がいないな」男はときに、こんな、女子に対して失礼なことを思います。でも、その町にそのスナックしかなければ、彼はそのスナックに何回も通うことになります。
通っているうちに、最初はかわいくないと思っていたバイトの女子がかわいく見えてきだすんですよね。で、彼はそのスナックのその女の子にハマり……貯金を使い果たす、と、こういうカラクリなんです。

なので、もしあなたに気になる彼がいるのなら、彼によくしてあげるだけで、やがて付き合えるようになります。
彼のLINEを知っているのなら、ときどき「ごはんに行こうよ」とLINEして、ごはんに行くと彼にごちそうしてあげるといいです。

ホント、たったそれだけのことで、彼はあなたのことを「かわいい」と思ってくるんですよ。何回ごはんに行っても「かわいい」と思われないというのは、ごはんを食べているときに緊張しているからです。
緊張するくらいなら、おおいに酔っぱらって、もっと彼にいろんなことをしてあげるといいです。マジで付き合えるようになるから。
男は、自分によくしてくれた女子のことを、ほぼ無条件に好きになる生き物なのです。

「仕事を辞めたいから結婚したい」という彼女に対する彼氏のホンネとは?

仕事を辞めたいから結婚したい! 結婚して専業主婦になって、働かなくてもいい環境に身を置きたい――こういう女子の願望って「正しい」と思います。
外に出ていろんな人と一緒になって仕事をするのに向いている人と、向いていない人とがいるのだから、向いていない人はなにも向いていないことを無理してやらなくてもいいと思うのです。
でも、彼に「仕事を辞めて結婚したい」と言うと、彼はいい顔をしない――彼のホンネとは?

●彼女の「結婚にすがっている感じ」がイヤ
彼女と結婚するのはいい。でも、結婚後も彼女に仕事を続けてもらわないと、生活が成り立たない――たいていの彼氏のホンネはこれです。彼ひとりで、毎月手取りで50万も60万も稼げないんですよ。今の平均月収って、30歳くらいの男で、額面で30万円ちょっととかでしょ? ということは、手取りで25万あるかないか、くらいです。それで結婚するとなると……もちろん手取り25万で結婚生活が成り立たないわけではないけれど、でもちょっとキツイかもね。

というような読みをしている彼氏に「結婚して専業主婦になりたい」と言っても、彼はいい気持ちがしないはずです。
でも、たとえば、彼女が、自分がいかに外に出て働くのに向いていないかを、彼にちゃんと説明したら、彼の気も変わるかもしれないです。だって、愛する人が、自分にまったく向いていない不得手なことを無理してやっていると彼が知ると、彼は「彼女のためにどうにかしてあげたい」と思うことだってあるはずだから。
たとえば、「君と結婚するのはいい。結婚して君が仕事を辞めるのもいい。でも、僕ひとりの稼ぎでは生活が厳しいから、もっと家賃の安いところに引っ越そう。それでいいのなら結婚しよう」と言ってくれる可能性はゼロではないはず。

でもね、男心として、仕事から逃げる口実として結婚を持ち出してくる彼女のことをまったく評価しないというのは、やっぱりあるんですね。なぜなら彼だって、イヤイヤ仕事をしているからです。俺が我慢して仕事をしているのにもかかわらず、彼女は先に「いち抜けた」的に仕事を辞めて俺と結婚したいって? なんか、それ、ちがくない? これが彼のホンネです。

つまり、彼は、彼女の「結婚にすがっている感じ」がイヤなんですよね。「すがる」ではなくて、もっと前向きな何らかの気持ちを彼女に見て取ることができれば、彼はきっと「うん、結婚しよう」と言うはずです。仕事を辞めるにしても、何か前向きな理由とセットで辞めると彼に言わないと!
男は、すがってくる女&卑屈になっている女のことを、まったく評価しない生き物だから。

酔っぱらって「好き」と言ってくる男子のホンネとは?

酔っぱらって「好き」と言ってくる男子に対して、「酔ってない時に言ってよ」と返す女子の多さったら!
でもこれ、彼はマジであなたのことが好きで、だからあなたとエッチしたくて……というのが、彼のホンネなんです。
でもたいていの場合、女子は「わたしとエッチしたいだけでしょ?」と思ってスルーしちゃうor最低な男だと思ってLINEをブロックしちゃうでしょう?
そういう態度がなくなれば、あなたはもっとたくさんの男子からモテまくるはず!

●酔って「好きです」と言ってくる男子の心中やいかに?
男子って、酔わないと言えないことをいくつも持っています。好きな女子に対して告白するのも、多くの男子にとって「酔わないとできないこと」です。
だから、多くの女子は、酔わずに告白してくる男子のことを「かっこいい」と思って「理想的な恋愛の始まりだ」と思うわけですよね。

男子だって、できることなら、酔わずに、シラフの時に「好きです、付き合ってください」と言いたいと思ってるんですよ。だって、そのほうが誠意ある態度だと彼は知っているから。そのほうが女子に信用されやすいとわかっているから。でも、恥ずかしくて恥ずかしくて、酒の力を借りて勢いをつけないと無理! 彼はこう思っているから、酔っぱらってから「好きです」と言います。

●後日、彼にLINEしてみて!
酔っぱらって「好きです」とか「エッチしようよ」と言ってくる男子のことをLINEでブロックせず、もしよかったら、後日、彼に「ごはんでも行こうよ」などとLINEしてあげてほしいのです。
シラフの時の彼の態度も見て知ったうえで、「この男子とは付き合えない」とあなたが判断するのは「正しいこと」です。でも、酔っぱらったときの彼の態度だけを見て「こいつサイテー!」と判断するのは、間違いというものです。

もちろん30歳を超えている彼が、酔っぱらって「好きです、ヤラせてください」と言うのはどうにかしていると思います。30歳も過ぎれば、酒はきれいに飲むべきだから。
でも、20代のうちは、女子が男子に、リカバリーショットを打たせてあげるチャンスくらいあげてほしいのですよ。20代の男子って、まだ自分の生き様に責任を持てていないから、1回や2回、再チャレンジするきっかけを、女子から与えてもらいたいと思っていたりするんです。ホンネを言えば。

もっとも、酔っぱらって「好きです。ヤラせてください」と懇願してくる男子のことを「かわいい」と思う女子もいますよね。そういう女子の中には、酒の席でさっさとカップルになって、1~2年くらい彼と楽しく恋愛している人もいますね。
酔っぱらって口説いてくる彼を「かわいい」と思うのか、「不誠実極まりない男だ」と思うのか……女子それぞれに価値観がちがうはずだけど、でも酔っぱらって「好きです。ヤラせてください」と懇願してくる男子たちのことを「こいつら全員オワッテル」と切って捨てるだけ、というのも、男心から見たらちがう――ということですが、でもまあ、そういう男子ってイヤだよね。

不倫ってどうやって終わらせるのが正解?

ほかの連載で、不倫の終わらせ方についての相談が、ここのところ多かったので、今回は、不倫の終わらせ方についてお届けしたいと思います。
――わたしも29歳になるし、そろそろ結婚したいし、だから今の不倫相手とは別れて、ほかの「まっさらな」彼氏と、結婚前提で付き合いたいな、と思っている女子は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

●男心に見る「不倫の終わらせ方」とは?
男って、ヤラせてくれない不倫相手とはフェードアウトする性質を持っていたりします。もちろん、彼はあなたの体だけが目当てで、あなたと不倫関係になっているわけではないんですよ。でも、エッチがなくなれば、不倫関係をどうとらえていいのかが、多くの男にはわからないから、「エッチがなくなった関係=不倫の終わり」と、彼は考えます。

エッチなしの不倫関係って、たとえばどういうものだと男は思っているのかといえば、足長おじさんです。好きな女子にご飯を食べさせます、以上終わり――これって、ボランティア精神あふれる足長おじさんでしょ?
彼女のことがじつの娘のようにかわいくて、彼女の成長を今後も見守りたいと思っている不倫相手の彼であれば、ごはんだけの関係でも不倫を続けようとします。まれにそういう男はいます。

が、大多数の男は、不倫相手に「もうエッチしないから」と言われたら、自然に身を引きます。

なので、あなたが不倫関係を清算させたければ、「もうエッチはしない」と彼に言うだけで清算可能です。

●不倫を清算したあとの彼は・・・
ちなみに、不倫相手に「もうエッチしないから」と言われたら彼はどうなるのか?
見るも無残なかんじで、しゅんとしちゃいます。目は虚ろになり、行動にキレがなくなり、仕事に身が入らなくなります。

どんなにかっこよく勢いのある男であっても、これまでヤラせてくれていた相手が、今日からは金輪際ヤラせてくれないと知ると、ホントにしゅんとしちゃうんですよね。

それは、男がエロくてスケベな生き物だから、ではありません。男にとってセックスとは「自分の<人格を>無条件に受け入れ、愛でてくれる行為」だということなんですよね。
昨日まで無条件で、人格をあたたかく受け入れてくれていた人が、今日になると急に「もう無理だから」と言われる――これは男にとってなによりもつらいことなんです。
でもしかたないです。あなたが不倫を清算させたいのであれば、彼がしゅんとなるのを覚悟のうえで別れ話を切り出そう! それしかない。

セフレから本命の彼女になる方法とは?

セフレの関係を楽しめるのは、女子です。男子は、セックスを割り切って楽しむことが苦手です。女子とヤッたら、いや、女子にヤラせていただいたら、ほぼ自動的に相手のことを好きになるのが男子です。
だから、多くの男子は、セフレのことが好きです。彼女がマジで俺と付き合ってくれたらいいのに、と思いながら、セフレとセックスしています。
なので、あなたから彼に「付き合ってよ」と言うと、たいてい付き合ってくれます。男ってそんなもんです。
がしかし、なかなか付き合ってくれない男子もいますよね。そういうセフレに対して、女子がどうすれば付き合えるようになるのでしょうか?

●彼の性癖を知ろう!
彼の性癖を知ることで、ただのセフレから本命の彼女に昇格した人がいます。セフレって、本来は「純粋にセックスを楽しむ相手」のことだから、本来的には、お互いの変態性というか性癖を、ちゃんと理解しあえるはずなんです。
彼はいつも攻める側だけど、じつは四つん這いにされて後ろからアナルに指を入れられるのが好きだとか。彼女はいつも淡泊なエッチしかしないけど、じつは後ろから痴漢されるかのように犯されたい願望を持っているとか。
そういうお互いの性癖を理解し、互いにそれを受け入れることで、彼は「<本当の俺>は、彼女にしか見せれないし、彼女しか受け入れてくれない! だから俺は彼女のことを本命の彼女にしたい!」と思うようになる――こういうことが言えます。

●それでも付き合ってくれない彼は?
お互いの性癖を赤裸々にオープンにして、それを受け入れあっても付き合えない場合は、どうすればいいのか?

こればかりは、時がふたりの関係を決めるのを待つしかないでしょうね。
今すぐあなたと付き合えない理由を、彼は持っているのでしょう。たとえば「妻子がいて別れるに別れられない」とか。あるいは「セフレが何人もいて、特定の誰かと付き合える状況にない」とか、はたまた「今は誰かと付き合いたいわけではなく、セフレとライトに遊びたい」と思っているとか。

どれもこれも、真剣に彼のことが好きであれば、「どうにもならない理由」に思えるかもしれないけれど、時はかくじつに前に進みます。人の状況は刻々と変化します。いつなんどき、彼があなた「だけ」と付き合いたいと思うか、誰にもわかりません。
時を味方につける――こういう姿勢をもつことも「高級な遊び方」のひとつです。

LINEの返信が遅い彼のホンネとは?

先日、ある女子の話を聞いてびっくりしました。彼女は、月曜日に「来週末、一緒に旅行に行こう」と、LINEで彼と約束したらしいのだけど、旅行の前日の金曜日になっても、旅行に関する内容のLINEが彼から来なかったんですって! 彼女は何回も「待ち合わせどこにする?」とかとLINEしたにもかかわらず、彼からの返信はない!

●ホンネその1「LINEの返信が遅いだけで彼女が不安がる&嫌がるなんて、思ってもいなかった」

で、旅行当日の土曜日の朝、彼からやっとLINEが来たんだそうです。「ごめん、仕事が忙しくてLINEの返信ができなかった。今日の朝9時に東京駅で待ち合わせよう」。
朝の6時に、9時待ち合わせのLINEを送る彼! 当然、彼女は怒りますよね&ガッカリしますよね。

これは、すごく極端な例だと思うけど、LINEの返信が遅い男子って、ほかにも大勢いますね。そういう男子のホンネは、「LINEの返信が遅いだけで彼女が不安がる&嫌がるなんて、思ってもいなかった」です。
なにもあなたのことが嫌いでLINEの返信をあえて遅らせているのではないんですよね。ましてや恋の駆け引きをしようとたくらんで返信を遅くしているわけでもないんですよね。
女心を知らないから、結果的に返信が遅くなった。

●ホンネその2「どう返信すればいいのか考えているうちに時が勝手に流れた」

あるいは「どう返信すればいいのか考えているうちに時が勝手に流れた」というのも、彼のホンネです。
たとえば、デートの後半で、彼とケンカして、微妙な空気のままバイバイしたら、彼女が彼に何らかのLINEを送りますよね。「うちら別れる?」とか「付き合うってなんなんだろうね」とかと。
そういう「愛に関する質問形のLINE」に、即座に答えられないのが男子です。女心を知っている男子は即座に返信します。とりあえず彼女を安心させることが俺の急務だとわかっているから。
でも、多くの男子はそれを知らないから、いつまでも「うちら別れるって言われても……俺は別れたくないし。でも、彼女は本気で別れたいのかな」と悩み、結果的に何の返信もできない!

ということで、LINEの返信が遅い彼には、もしもし電話(音声電話)したほうが、話がはやい!
電話したら彼に嫌われるかな、と心配する必要はまったくありません。彼は彼女からの電話を待っているからです。つまり、愛に関するあれやこれやは、女子があるていど主導権を握って前に進めないと、どうにもならないようにできているのです。
ご苦労とは思うけど、LINEの返信が遅い彼には、夜討ち朝駆けで「もしもし電話」をしよう! 「もしもし? LINEの返信待ってるんだけど」と、ドスのきいた声で、彼を脅すといいんです。

【男子のホンネ】本命の彼女とエッチする時、彼が見ているものとは?

本命の彼女とエッチするとき、彼は、彼女の乳首を見て「すげぇ!」と驚き、彼女のアソコをガン見して「すげぇ!」と驚きます。男子って、大好きな彼女が「どんなものを持っているのか」を知りたいので、乳首とアソコは絶対に見ます。
見てどうするのか? 触るか舐めるか、です。だから女子が「わたしのアソコ、ピンクじゃないから彼に見られたくない」と思う必要はまったくないです。彼はただ「こういうものをお持ちなのね」と思うだけだから。
さて、本命の彼女の乳首とアソコ以外に、彼が見ているのは何でしょうか?

“【男子のホンネ】本命の彼女とエッチする時、彼が見ているものとは?” の続きを読む

20代と30代で変化した?男子が彼女に求める条件とは?

20代と30代に共通する男子のホンネは「ヤラせていただける彼女が欲しい」です。40代でも50代でも、きっと同じです。男は基本的には「ヤッてやってる」とは思わないんですよね。女子に対して「ヤラせていただく」と思っています。

“20代と30代で変化した?男子が彼女に求める条件とは?” の続きを読む

【男のホンネ】友達の元カノと付き合うのはあり?

気になる彼とエッチしたとき、相性のいいエッチだったと彼が思ってくれたなら、来週も再来週も彼とエッチできて、やがて付き合えるようになるのに……と思ったことのある女子もいるでしょう。
そこで今回は、男子はエッチの相性をどこではかっているのかについて、お届けしたいと思います。

“【男のホンネ】友達の元カノと付き合うのはあり?” の続きを読む