淋しいからセックスに依存しています。どうすればいい?

●質問
淋しくて、頻繁に不特定多数の人とセックスしています。マッチングアプリで相手を見つけることもあれば、バイト先のお客さんとエッチすることもあります。わたしの心から淋しさが抜けてくれればセックスに依存しなくて済むだろうと思っています。わたしはどうすればいいのでしょうか?(25歳・神奈川県)

●回答
淋しさって「別の人間になりたい」と思うところから生まれます。
たとえば、精神科医の香山リカさんの本に書いてあったと思うのですが、音楽の名門大学を卒業した何人もの人が、香山先生のカウンセリングを受けるそうです。「わたしは大学卒業後、プロのピアニストとして活躍するはずだったのに、地元でピアノの先生をするしかない。こんなわたしはわたしではない!」などと嘆くのだそうです。そういう人は、アル中になったり、セックス依存になったり、賭け事に走ったりするそうです。
プロのピアニストになれなかった人が、別の人間、つまり、プロのピアニストになりたいと思う――だから、淋しさがあふれ出すのです。

ほかにも、親とうまくいっていない人も、わりとセックス依存に陥っていますね。親というものは選べないですよね。物心ついたら「わたしの親はこれか」と思うのみで、そう思ったからといって、自分が理想とする親を選ぶことは不可能ですよね。

この「選べなさ」を「選べないものだ」と、イヤというほど認識しない限り、人は淋しさの呪縛から解放されない――キルケゴールという哲学者は、こう語ります。彼も毒親に苦しめられ、それゆえ世間に対する馴染めなさと葛藤し続けた人です。

さて、セックス依存はどうすれば卒業できるのか?
残念ながら、選べなさを選べないものとイヤというほど認識しないと卒業できないと思います。

ただ、認識する過程において、偶然にも、奇跡的にも、すばらしい出会いに恵まれることがあります。たとえば、ただのセックスの相手だと思っていた男性と何回も会ってセックスするうちに、心と心が通い合うようになり、淋しさが癒されてゆき、ある日「選べなさ」を選べないものだと認識できるようになった、すなわち、「わたしの人生はこれでいいのだ」と、直感的にば~っと見通せるようになった、ということは、わりとよく聞く話です。

それまでは、病気をもらわないように気をつけつつセックスするしかないのかもしれません。
冷たい言い方に聞こえるかもしれないけれど、自分の淋しさと格闘するというのは、ホント、人生を賭けた一大事業なのであって、お手軽なハウツーでどうにかなることではないのです。
お互いがんばって生きていきましょう!

年上彼氏がエッチに積極的ではありません。どうすればいいのでしょうか?

●質問
年上彼氏がエッチに積極的ではありません。たとえば、日曜のデートのあと、彼にお泊りしたい(エッチしたい)と言うと、「またエッチエッチと言って」と怒ります。たまにはエッチしてくれますが、彼はどうしてエッチに積極的ではないのでしょうか?(23歳・兵庫県)

●回答
そもそも、男たるもの全員エッチが大好きだ、という認識が間違っています。
エッチがすごく大好きな、いわゆる普通の男もいれば、まあまあしか好きじゃないとか、ちょぼちょぼしか好きじゃないという男もいます。

先日聞いた話で、男がひとりでムラムラしたらどうするのか? という話があります。ごく一般的な答えは、オナニーする、でしょう。場合によっては、チ●コが赤くなるくらい何回もオナニーしてスッキリする、ということかもしれません。

がしかし、ある男子は、ムラムラしたらスクワットをするそうです。スクワットして疲れ果てることでムラムラを解消させているらしいです。その彼は……高校時代からセックスに興味はあるものの、あまりヤル気が起きないそうです。

また、男の中には、なにがあっても自分が立てた仕事の段取りを崩したくない人もいます。仕事の段取りがセックスへの情熱を上回っている男です。そういう男は、たとえば、日曜の夜に彼女とラブホに泊まってエッチしたら、月曜の仕事の始動に差し支えるなんて思って、彼女とのエッチを後日にしてしまう人もいます。

思うんですが、セックスしたい時にサクッと相手してくれる彼氏が、あなたにとってはホントは一番いいのだろうと思います。

ともあれ、男全員がヤリたがりの猿だという、世間に蔓延している考えは間違いです。
女子はみなエッチに奥手、という、世間に流布している考えが間違いであるのと同様です。男のなかにもセックス大好き人間もいれば、そうじゃないのもいる。女子のなかにもセックス大好き人間もいれば、そうじゃないのもいる。
それだけの事実があるのみ、ということでしょう。

若い頃チヤホヤされた経験を忘れられなくて・・・

●相談
若い頃、銀座のクラブでチヤホヤされてきました。その味が忘れられなくて、40歳を過ぎた今でも、男の人のお誘いに乗って飲みに行き、飲むとかならずエッチしてしまいます。でも、心の片隅にはいつも、もうわたしもいい歳なのだから、ちゃんと結婚を前提とした交際をしたいという思いがあります。わたしはどうすればいいのでしょうか?(43歳・東京都)

●回答
本気で人生を変えたいのなら、たとえば大学に入学するといいです。あなたが大卒なら大学院に入るといいです。なぜなら学問が理性を育ててくれるからです。育った理性は、あなたに人生の新しい可能性をいくつも提示してくれます。
勉強って、暗記中心の受験勉強のことだと世間の多くの人は誤解していますが、大学や大学院における勉強とは学問のことであり、学問とは理性を育ててくれるものです。もっといえば、理性と感性とのバランスを育ててくれるものです。だから、本気で人生を変えたいのなら大学(院)で勉強なさることをおすすめします。

そこまでして人生を変えたくないというのであれば、とりあえず現状維持でいいと思いますよ。あなたの相手をしてくれている男性って、じつはあなたが結婚したがっていることを知っています。そういうのって、男は勘でわかるんです。
だから、今のまま「結婚して落ち着きたいオーラ」を出し続けていれば、そのうちそのオーラに気づいて、結婚を前提とした「チヤホヤ」をしてくれる男性が出てくるはずです。男って、ホントその手の勘に優れているからです。

それでも結婚向きの男性が寄ってこないということであれば、それはあなたが遊びのオーラを出しすぎているからです。おそらくあなたの相手をしてくれる男性は、あなたのことが好きで、結婚してもいいと思っているはずなんです。
でも彼らがあなたに結婚しようと言わないというのは、彼らが「この女性と結婚を前提に付き合っても、彼女はほかの男とエッチするかもしれない。なぜなら彼女はチヤホヤされたがっているし、美人だし、セックスもうまいからだ」と思っているからです。

美人でセックスがうまくて、若い頃チヤホヤされてきた女性って、ホント、こういう時に不利だよなあと、見ていて僕は思います。
がしかし、この世の中、「思いは通じる」のです。あなたが真剣に「結婚したい。落ち着いた交際を経て、落ち着いた暮らしをしたい」と思っていれば、扉は開かれます。それくらいあなたは魅力的な女性であるはずだからです。

奥さんがいるのに口説いてくる男性の気持ちとは?

●質問
本命の彼女がいるにもかかわらず、わたしのことを口説いてくる男性がいます。わたしも彼のことが好きで、いま浮気状態です。でも、彼のことが本気で好きだから、もうエッチしないようにしようかなと思っています。ところで、男の人って、本命の彼女がいるにもかかわらず、なぜ別の女性を口説くのでしょうか?(27歳・埼玉県)

●回答
彼はあなたのことを「もう半分の自分」だと認識しているから、熱心に口説いてくるのだと思います。「もう半分の自分」とは、遠い過去に失くしてしまった自分のことです。
たとえば、女子を例にとれば、少女時代はボーイッシュだったのに、その後、中学高校と、親の教育などが直接的な理由でおとなしく暮らしてきた女子がいるとします。その女子にとって「もう半分の自分」とは、「かつて男の子と仲良く、男まさりに楽しく遊んでいた自分」です。その「もう半分の自分」を探す旅の途中にいる彼女は、男気がある男のなかの男みたいな男性に恋するかもしれません。男女の真ん中、つまり中性的な性格をもっている男子に恋するかもしれない。いずれにしても、彼女は、「遠い過去に失くしてしまったもう半分の自分」を求めて、誰かに恋するということです。

彼にとって、本命の彼女も「もう半分の自分」です。彼は彼女のなかに「もう半分の自分」がいることを認識したので、彼女のことが好きになって付き合いました。

で、ここからが話のポイントなんですが、もう半分の自分って、ひとりしかいないわけではないんですね。人は過去に「いろんな自分」を置き去りにしたまま今を生きるからです。だから、彼にとって本命の彼女とは、複数いる「半分の自分」のひとりだし、彼にとってあなたは、複数いる「半分の自分」のひとりです。

映画『君の名は。』は、もう半分の自分を探す男女を描いた優れた作品です。ふたりの主人公は、自分が遠い昔に失くしたもう半分の自分を、かなり前向きに、しかも爽やかに探します。
もう半分の自分になかなか巡り逢えなくて、それゆえ淋しさに足をとられ、夜ごとセックスする人もいるというのに、新海誠監督の映画には、そのような「エグイ」男女は出てきません。あくまでも内省的に爽やかに、もう半分の自分を探します。
実際には、現実の世の中の人たちは、あなたやあなたの彼のように、浮気したり、余計な(失礼!)セックスをしたり、はたまた他の誰かのように、夜ごとスナックで酔いつぶれたりしながらもうひとりの自分を探しているはずです。
ともあれ、彼はもう半分の自分をあなたの内に見ているから、本命の彼女がいるにもかかわらず、あなたのことを熱心に口説くのです。

両思いなのに結ばれません。どうすればいいのでしょうか?

●相談
わたしは好きになった人と両思いになるものの、その人と付き合えたことがありません。両思いなのに付き合えないっておかしいと、友達に言われます。でも、両思いでも、付き合えないものは付き合えないんです。どうすればいいのでしょうか?(24歳・東京都)

●回答
明らかに両思いなのに付き合えないふたりって、たとえば『君の名は。』で有名になった新海誠監督が上手に描いていますよね。『君の名は。』は、男子の主人公が、「遠いむかしに失くしてしまったもう半分の自分」を探し、女子の主人公もおなじように「もう半分の自分」を探すお話でしたね。
映画の中では、ふたりが結ばれるのか結ばれないのか、明確にはしていません。僕は結ばれないだろうと思います。もし、新海監督が「続編」を書いたなら、きっと彼は、ふたりを結ばれない関係として描くように思います。

私たちは、遠いむかし失くしたもう半分の自分を探し求める旅の途中にいます。生きている限り、みんな途中にいます。もう半分の自分を探し求める旅に終わりはないからです。なぜなら、「今」はつねに変化しているし、それゆえ「もう半分の自分」とは、過去のどこか特定できる地点に置き忘れてきた自分であるものの、それは「変化し続けている今」から見ると、変化しているように見えるからです。

つまり、「この人がわたしにとって<もう半分の自分>かもしれない」と思って恋して、その恋が両思いになっても、場合によってはそれは一瞬のことで、絶えず前に進んでいる「今」から見れば、「彼が<もう半分の自分>なのかもしれないし、そうではないかもしれない」と思うようになるのです。そう思って普通です。なぜなら、そう思う人は、「今」という時間が、どんどん前に進んで行っていることを認識しているからです。時間は前へ前へ進むという、いわば当たり前のことを正しく認識できているからです。

両思いなのに付き合えないというのは、お互いに相手のことを「もう半分の自分」を持っている相手だと認識しているものの、時の流れとともに「やっぱり違うかも」と思っているからです。
「やっぱりちがう」というのは、「相手のことが嫌い」ということではありません。「遠いむかし失くしてしまったもう半分の自分」のことが自分でうまく認識できない、ということです。あるいは、失くしてしまった自分を「自分」と認識できていないとか。

ともあれ、やがて誰もが「遠いむかし失くしたもうひとりの自分」に出会え、付き合えるようになります。その時まで、自分の感覚を磨くことが大切です。感覚を磨くとは、いろんな経験をするという意味です。
お互いがんばっていきましょう!

彼女がいるのにわたしのことを誘ってくる男性のホンネって?

●相談
彼女がいるにもかかわらず、わたしのことをごはんやエッチに誘ってくる男の人の気持ちがわかりません。彼はなぜわたしのことを誘ってくるのでしょうか? 付き合っている彼女に対する罪悪感はないのでしょうか? ちなみに彼は40歳です。(35歳)
“彼女がいるのにわたしのことを誘ってくる男性のホンネって?” の続きを読む