鶏の唐揚げとキャベツ、豆乳は本当にバストを大きくしてくれるのか?

豆乳は、大豆イソフラボンという成分が女性ホルモンに似たはたらきをしてくれるので、バストアップが期待できると言われています。鶏の唐揚げは良質のタンパク質がバストアップに効果的です。キャベツはボロンと言われる成分がバストアップに良いようです。

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

とは言っても、これはあくまでも理論値であり、絶対的に万人に有効なことでもなければ、キャベツだけを大量に食べたらバストアアップが望める・・・というようなことでもありません。

●バストアップの基本

バストのサイズの多くは遺伝と思春期までの生活によって決まります。

(1)遺伝

身長が遺伝で決まるのと同じです。身長をケアするという言い方が矛盾しているように、本来はバストもケアするものではないのかもしれません。しかし、遺伝のことだって100%解明されていることではなく、母は胸が小さいのに、私は大きくなったということもあります。この背景には隔世遺伝があることもありますが、科学的にはじゅうぶんに証明されていません。

(2)思春期のこと

思春期の頃に、激しい運動をしていて、急に運動をやめた。こういう人は思春期を過ぎてから胸が大きくなることもあります。また、思春期の頃は悩みが多く、複雑な家庭環境であった・・・という人が学校を卒業して楽しいひとり暮らしを始めると、胸が急に大きくなることもあります。ホルモンバランスが悪かったのが、一気に改善されるからでしょう。

●バランスよく食べましょう

遺伝とかホルモンバランスなどは、自分の意思を超えたお話なので、胸が小さい人は、どうにもならないと思って諦めたくなるかもしれません。

しかし、女性ホルモンのバランスを良くすることは、自分の努力で可能です。その1つの方法は、バランスよく食べることです。

豆乳を飲む。お肉も野菜もバランスよく食べる。1日3食食べるなど、食生活に気を配りましょう。一番良くないのは、ダイエットと称してお肉を食べないことでしょう。お肉のタンパク質はホルモンをつくる基本となります。また、体のなかでビタミンと化学反応を起こして、バストをかたちづくる成分になります。お肉は太ると思って、脂身を食べなかったり、お肉そのものを食べなかったりする女性も多いと思いますが、こういうことが、まっさきに貧乳の原因となるのです。

バストは、母を恨むより食生活を憎め・・・ということなのです。

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。