残念なバストにならないための4つのテクニック

ある調査によると、バストが垂れてきて残念なことになったと感じる女性の平均年齢は32歳だそうです。

上向きのハリのある胸を彼氏に揉まれたり、そういうバストに彼のチ●コを挟んだり、いろいろと胸を使いすぎたからバストが垂れてくるわけではなく、以下のようなケアを怠るからバストは残念な結果になるようです。

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

残念なバストにならないためのテクニックを4つ、ご紹介しましょう。

(1)ノーブラで外出をしない

バストは脂肪のかたまりであり筋肉ではありません。ブラでバストを支えてあげないと、胸筋を酷使することになり、バストの老化が進行します。

下着メーカーの調査によると、蒸れるとか面倒などの理由で4人に1人はノーブラで外出をしたことがあるとのことです。蒸れると思いますが、面倒だと思いますが、ブラを着用して外出しましょう。

(2)サイズの合わないブラをつけない

サイズの合わないブラをつけることでバストの老化は進行します。バストのまわりにはホルモン腺がたくさん走っていますが、このホルモン腺を締め付けすぎることでバストの老化が起こります。

また胸を過剰に締め付けすぎると、常にバストが潰されている状態になるわけですから、胸が残念な結果になります。

こまめに下着屋さんでバストサイズを測ってもらって、常に胸にフィットするブラを着用するようにしましょう。

(3)冷え性を改善させておく

バストは女性ホルモンが形づくります。冷え性の女性は女性ホルモンのバランスが良くありません。

冷えは血液のめぐりが悪いことで起こります。特に下半身に静脈が溜まっていることで起こります。半身浴をする。ふくらはぎや足裏をこまめに揉む。こういうことをするだけでも、血流は良くなり、バストに健康な血液がめぐります。

残念なバストになるのがイヤであれば、冷え性対策はしっかりと行いましょう。

(4)うつぶせで寝ない

上記(2)でも書きましたが、胸を押しつぶしていると、バストは徐々に変形してきます。うつぶせでしか寝られない女性は、夜用のブラがあるので使用してみましょう。

30歳を過ぎると、胸のハリが失われ、やわらかい胸になってきます。ホルモンバランスが徐々に変わっていくのでハリがなくなりやわらかくなるのです。

人は加齢にあらがうことはできません。また1Gの重力にもあらがえません。少しでも残念な胸になる日を遅らせることしかできないのですが、ご紹介したことを実践することで、遅らせることは可能です。

美しいバストを彼氏に提供したいのであれば、是非今日から実践してみてはいかがでしょうか?

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。