オンライン婚活で「おいしい思い」をする人とは?

●質問
このご時世なので、オンライン婚活しています。オンライン婚活でおいしい思いができる人って、どんな人ですか?

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

●回答
ちょっと内向的な人でしょうね。
オンライン婚活ではない、リアルに会う婚活の場合だと、相手の目を見て話すことのできない内向的な人は不利ですよね。ちょっと暗めの人だとすぐにばれてしまうから。
でもオンラインだと、基本、相手と視線が合わないですよね。
Zoomだと、たいていの人は、画面に映る自分の顔を見ていたりしますよね? あるいは画面に映る相手の顔を見ていますね。どこを見ているのかさっぱりわからないけど、一応画面の方を向いてニコニコしている人もいますね。
なので、相手と視線を合わせて話すのが苦手な人は、リアルな婚活に比べて気楽だと思うんです。その気楽さって、その人全体の雰囲気に出ますから、内向的な人は気さくな人みたいに思われて、結果的に、オンライン婚活において有利になるのではないかと思います。

じつは、という話をするなら、じつは多くの人は内向的だから、リアルに会う婚活がちょっとしんどいと思っていたりするわけですよ。
リアルに会う婚活って、「はじめまして」と挨拶して、自分の趣味や特技などを述べなくてはならないでしょう? そういうのって、誰にとってもちょっと苦痛なわけですよ。
とすれば、明らかに内向的な人のみならず、ふだんは内向的に見えない人までもが、じつはオンライン婚活において「おいしい」思いができる、ということが言えるでしょう。

ほかにオンライン婚活においておいしい思いができる人はいないのでしょうか。
変化にすなおについていける人もおいしい思いができるでしょう。
婚活といえばリアルに会ってやるものだ、なぜならリアルに会わないと、相手の人となりがわからないから――こういうことをこのご時世にまだ主張しているような人は、おいしい思いができないでしょうね。
会わないと人となりがわからないから積極的に会うべきだという主張じたいは、べつにまちがっていません。
がしかし、それをこのご時世にことさら主張すると「昭和な人」と思われて、残念な思いをすることになる(可能性が生まれる)のです。
時代が変わったのなら、その変化にすなおに付き従う――こういう姿勢こそが、相手の好感を生むのです。
というわけで、内向的、かつ、変化にすなおに従える人が、オンライン婚活でおいしい思いができるものと思います。

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。