男性が死ぬほどドン引きする「女性の軽自動車のデコレーション」9選【3/3】

せっかく購入した軽自動車をこんなふうにデコレーションしてしまったら、男子ウケは最悪になる……というパターンをご紹介しています。

引き続き、房総半島の先っちょののどかな町で生まれ育った奈央さんに、お話を聞いてみたいと思います。
続きを読む

ラブホでやっちゃうと彼に「オレの彼女はプロかな?」と思われる言動4選

女性であるあなたはご存知かどうかわかりませんが、現在、手コキで逝かせるメンズマッサージ屋さんが、わりと人気のようで、手だけで高額な時給をもらえるならと、女子大生をはじめとして、多くの女性がそういうお店でアルバイトをしています。
続きを読む

悩みとともに暗く生きるなら3P!ハッピーな恋愛をする3つのコツ

「彼ができないな」とか「最近、モテないし、どうしようかな」と悩んでいるくらいなら3Pを楽しんだほうがいい。

と、まあ1つの極端な考え方ですが、あながち誰も否定できない考え方であるとも思います。楽しく生きるコツ、ハッピーな恋愛をするコツを3つご紹介しましょう。
続きを読む

最高のエッチをするために「女性がちょっと準備をすればいいこと」4選

ここのところ、アソコをこうやって触ると男性は萌えるとか、ココをこうして舐めると彼は大発射する……みたいなダイレクトなエロ記事が多いので、今回は、少しおとなしめのテーマでいきたいと思います。

そもそもエロは脳内で「エロく感じる」からエロなわけで、アワビや赤貝や竿をゴシゴシと摩擦し合うだけでは、エロくもなんともないですもんね。
続きを読む

誰にも内緒でSNSで出会いHする男性の「表の顔と裏の顔」

先日、とある美人女性(27歳)のインタビューをしていたら、「私、20歳くらいのとき、SNSでいっぱい男性と出会ってHしていました」と言われました。そのルックスと発言があまりにもアンバランスで、しばし顔を眺めていました。へえ、こんな美人でもSNSで出会ってHしたかったんだと。

彼女の場合は、結婚したら遊べなくなると思って、結婚前にいっぱいHしたそうです。
続きを読む

【不定期連載】あたしの初体験白書 20歳・樹里の場合

初体験は中学3年生の冬でした。5つ年上のお兄ちゃんの同級生が、うちに遊びにくるたびに、あたしの前で上半身裸になっていて、あたしは「恥ずかしいからやめてよ」と言っていたのですが、そのうち「オレの腹筋6つに割れてるから触ってみろよ」と言われて、お腹を触るようになりました。

続きを読む

イケメンと美人が結婚してしまう3つの理由

イケメンがぶちゃいくな女性と結婚する。こういうケースも世の中には当然あります。男性が女性の母性本能にコロッといけば、こういうパターンになるのかもしれません。

美人さんのなかでも、じぶんの美容のことにしか興味がないような女性と出会ってしまえば、さすがのイケメンも「ちょっとこれはないだろ」と思って、ぶちゃいくなオンナ友だちに「ねえ、こんな美人のことどう思う?」と、相談しているうちに、ぶちゃいくな女性の母性本能の虜になって、結婚してしまう……とかね。
続きを読む

男性が思わず萎えてしまう女性の下着4パターン

男性が萌える下着に関しては、多くのアンケート調査結果がインターネット上に出ていますが、反対に、男性が萎えてしまう女性の下着に関しては、あまりたくさんの情報がありません。

今回は、たくさんの男女の恋愛を取材してきた著者が、私見をまじえて、「男性が思わず萎えてしまう女性の下着」をご紹介したいと思います。
続きを読む

同伴してもHできないのに「酔っ払って口説く男性」はなにを考えているの?

酔っ払って口説く男性のなかは、酔いが覚めた翌朝に「またキ●ガイ水を飲んで、オンナを口説いてしまった」と言う人もいます。

キ●ガイという言葉は、今は差別用語に認定されているので、あえて伏せ字にしましたが、キ●ガイになった本人が、じぶんでじぶんのことをこう表現しているので、伏せ字にする必要もないと思うのですが、まあ。
続きを読む

チャラ男以外にもいた!「エッチがしつこい男性」の特徴4パターン

チャラ男君の擁護をするつもりはないのですが、彼らは「モテたい!」とか「やりてぇ!」というかんじで、じぶんの欲望に素直に生きているので、外見から判断がつきます。また、女性に好かれることをミッションとして?生きているので、女性の反応を見つつ、嫌われないようにエッチをしてくれることもありますよね。

続きを読む