コロナで将来が不安です。希望ってどうすれば生まれるのですか?

●質問
コロナの影響で、自分の将来のことがなんとなく不安です。この不安な気持ちってどうすればおさまるのですか?

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

●回答
コロナで大変な世の中が、たとえ長く続いたとしても、自分の将来が見通せるようになれば、いったん不安はおさまる、ということですよね。
ではどうすれば、自分の将来を見通すことができるようになるのでしょうか?

ひとつには、これまでの価値観を疑ってみることだと思います。
これまでわたしたちは、たとえば新しい洋服がほしいと思えば、ユニクロなどでさっと買えましたね。そんなふうに「簡単に消費社会に乗っかる」生活を送ってきましたよね。
それって、ようするに「カネがあればハッピー、なければ地獄」という「カネありきの価値観」を持っていたということでしょう?
そしたら、コロナ禍において不安になるはずです。コロナの影響でカネが回らなくなったのだから。

カネがあってもなくても、それなりに幸せでいようと思えば、与える側の人間になればいいのです。**がほしい、と思う「もらう側」にいるのではなく、誰かになにかをしてあげることをあなたが生きる前提条件にしてしまうといいのです。

たとえば、インスタ映えのするごはんを食べたいとか、インスタ映えのする部屋に住みたいという気持ちを捨てて、貧困家庭の子どもたちのための食事を提供するボランティアをしたいなどと思うようになればいいのです。
そしたら不安な気持ちはどこかに消え去ってくれます。

コロナ以前の社会は、いわば「消費を楽しむ社会」でした。カネを持っている人が「偉い人」で、貧しい人が「劣っている」とされる(癪に触るような)世の中でした。

今、世の中は変わろうとしています。
カネがないヤツは、カネを稼いでから金持ち批判をしろ――こんなアホなことを言う世間が覆ろうとしている、なかなかいい時が今なのです。
本当に価値観が覆ると、あなたもきっと、不安について考えなくてすむだろうと思います。
がしかし、世の中の価値観が覆るには、もう少し時間がかかりそうです。
なので、まずはあなた個人の価値観を見直すことをおすすめします。
「自分のこと」ではなく「他人に対する貢献」を考えると、人っておのずと生きる希望が湧いてくるのです。

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。