男女でこんなに違うの!?ラブラブエッチの前に知っておきたい「男女差」4つ

どんなに愛し合っても、女子は完全には男になれないし、男子は女になれないので、カップルでの理解にすれ違いが生まれます。

今回は、エッチにおける男女差について、海外サイトなどの情報をもとにご紹介したいともいます。一応知っておくだけ、でも、カップルでの相互理解に役立つかと思います。

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

さっそくご紹介しましょう!

■1:「毎日」なのか「ある特定の日」なのか

いくつかの研究結果では「60歳以下の大多数の男性は、最低1日1回セックスのことを考える」とされています。

対して女子は、生理の周期などによってエッチのことを考えたり、考えなかったりする、と言われているようです。

こりゃ、男女でエッチにすれ違いが生じるわけです。

■2:女子のほうがエロい?

男子は比較的単純に性的欲求から性的興奮、オルガスムにつながるとされています。対して女子の性癖は複雑である、というのが、海外での研究結果です。

とくに高学歴の女子であるほど、複雑な性癖を持っており、レズプレイなどにあまり抵抗がないとされています。

■3:イク割合もちがう

男子はセックスによって、75%の確率で絶頂を経験するといわれています。対して女子は25%のひとしか絶頂を味わうことがないそうです。

男子はイク快感を求めてエッチをしているけれど、女性はイク前のプロセスを重視している、というのは、こういうことが原因なのかもしれません。

■4:キスのタイミング

彼女と仲直りするためにキスをするのが男子だと(ちょっと極端に意訳すれば)、こういうことが言われています。これに対して「今キスをされてもごまかされているだけだ」と、意固地になるのが女子だとされているようです。

セックスにおけるキスも、「なくてもいい」のが男子で、「キスありき」が女子。もっともマジで快感を覚えているとき(正常位でイク寸前など)に、キスをしたがるのも男子ですよね。

いかがでしたか?

とくに若い男子は、性欲に支配されがちですが、性欲に支配されている時期をうまく乗り越えると、女子の気持ちに理解が及ぶようになり、女子好みのエッチをすることができるようになったりします。まあだから「年上男子」が、若い女性に、いつの時代も人気である、と言えます。

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。