男が思わずうれしくなる「言葉責め」4パターン

男はどちらかと言えばMです。明確な統計データがあるわけではないものの、「男が責められている」系のAVのシーンは、多くのAVにあります。

もっと深い(?)ところに根拠を求めるならば、「すべての男はマザコンである」という専門家の意見があったりして、まあそんなこんなで男はMです。

初めから「ぼくのこと、いじめてください」と言えば、女子がドン引きするだろうなと思っている男性も大勢いて、隠れMの男子が多いのかもしれませんが、MはMです。

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

男はどんな「Sっぽい言葉」で責めると悶絶するのか? 何人かの男子に尋ねてみました。ご紹介しましょう。

 

■1:「我慢汁いっぱい出てるよ」

「我慢汁って、なんなんですかね? 『我慢汁いっぱい出てるよ』って彼女に言われただけで、溢れ出てきます。じぶんでオナニーしているときに『我慢汁いっぱい出てるよ』と、じぶんで言ってもちっとも溢れ出してこないのに、不思議です」(31歳・公務員)

不思議と言われたら不思議なような気もしますが、不思議ではないですよね。

 

■2:「耳、弱いの?」

「ぼくの彼女は、キスしたあと、いつもぼくの耳をペロペロしてきます。ぼくは耳がすごく感じるんですが、感じているぼくを見ながら『耳、弱いの?』と言われると、余計感じてきます」(25歳・無職)

こういうのも、かわいらしいソフトSMですよね。

 

■3:「まだ入れさせてあげな~い♥」

「フェラされているときに、ものすごく気持ちよくなって『入れたい』と言うと、彼女は『まだ入れさせてあげな~い♥』と言います。で、その言葉を聞いて、ぼくはさらに興奮します。『まだ入れさせてあげな~い♥』いい言葉です」(28歳・会社経営)

はいはい……というかんじ? でも仲がいいカップルがエッチしたら、ときにこういうことになりますよね。

 

■4:「逝きたいならお願いしてっ♥」

「これを言われたら、ウッと精子が爆発しそうになりますが、スっと引っ込んでヒクヒクしつつ、また腰を動かせます。動かしている最中に、爆発しそうになる感覚がたまらなく好きで、なかなか『逝きたいです。出してもいいですか?』と言いません。

彼女のSっぽいコトバのおかげで、ぼくは寸止めに快感を覚えるドMになりました」(22歳・大学生)

22歳にして、わりと高度な快感を知ってしまったというわけですね。

 

いかがでしたか?

ひと昔前は、言葉責めと言えば、臭ってくるようなSMクラブの奥でひっそりとやるものというイメージもあったかと思いますが、最近は、おしゃれにライトにPOPに言葉責めを楽しんでいるカップルも多いのかもしれません。

言葉責め、やってみてはいかがでしょうか? 彼氏のが勃起してもまだパンツを脱がさずにシコって、パンツの中で発射させる……こういうのがクセになっている男も世の中にはいるみたいです。

 

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。