コロナで不倫相手に会えなくて淋しいです。どうすればいいでしょうか?

●質問
コロナで不倫相手に会えなくて淋しいです。どうすればいいでしょうか?

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

●回答
実際問題、コロナで3密を避けましょうと言われているものの、不倫相手とラブホテルでセックスして、淋しさを処理している不倫カップルだっていると思うんですよね。
むろん、そのような人たちは、命がけでセックスしているはずです。命と淋しさとを天秤にかけつつセックスしているはずです。

不倫相手と会えなくて淋しい人のみならず、たとえばセックス依存症の人も、このご時世で相当困っているはずです。日常的に人と会ってセックスできないわけですから、下半身は疼くし、淋しいし、もう、本当に大変なはずです。
それから、高齢者のなかでもとりわけスケベな人も困っているはずです。
高齢者の性については、平時からいろんなことが言われています。高齢者だからといって性欲がまったくないわけではない、まったくないと見るのは偏見というものだ――たとえばこのような論調がありますね。
ケアサービスのおねえさんと「濃厚接触」できない今、高齢者のなかにも淋しさを抱えている人がいると見るのは、ある意味では「正しい」見方だと言えるのではないでしょうか。

ところで、それらの淋しさの原点とは「自分の人生に絶望していること」にあります。
自分がこのご時世にどう生きるといいのかがわからない、自分の「使命」のようなものが見えない、自分の周囲がどのように変化しているのかわからない、だから淋しい、ということなのです。
ということは、世の中の変化に気づいて、その変化についてゆくということをすれば、淋しさは(少しは)消えてくれる、ということが言えますね。

自分に絶望している人は、平時であってもコロナの時代であっても、どのような時代にあっても淋しいと感じているのです。
その淋しさは、端的に、変化を感じて、変化にすなおについてゆくことによって軽減されます。
たとえばいま、困っている人がいます。学校の勉強においてゆかれる不安を抱えている子どもたちがいます。マスクが高くて買えずに困っている人もいます。外出したくなく、でも毎日の食料品がほしいという人もいます。
そのような人になんらか手助けをする――たとえばそのようなところから、不倫相手と会えない淋しさは軽減されてゆくのです。
なぜなら、「不倫相手と会えないから」淋しいのではなく、あなたはあなた自身の人生に絶望しているから淋しいからです。

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。