マッチングアプリで失敗する王道のパターンとは?

●質問
マッチングアプリで「ちゃんとした」彼氏をゲットするにはどうすればいいのでしょうか?

男性セラピストによるレディースエステ
『メンズセラピストナビ』

●回答
今の時代、マッチングアプリで彼氏を探すのが当たり前になっていると聞きます。
がしかし、「そこでしか出会いがない淋しい人」という見方もあるのです。

そのむかし、まだ「出会い系サイト」とか「ダイヤルQ2」と呼ばれていた時代は、みんな、コソコソと隠れるようにしてそれを使っていました。
セックスというものに興味津々の女子高生は、学校の公衆電話からQ2に電話をかけ、男をひっかけ、放課後にみずから電車賃を払って男に会いに行っていた(セックスしに行っていた)そうですが、それ以外の大多数の人は、隠れるように使っていました。
なぜなら「Q2でしか出会いがない淋しい子/非リア充」という方程式が強固にあったからです。

今はそうは言われないですね。
仮に言われたとしても「だって、出会いがないものは出会いがないのだ」と、なかば開き直ることが許される時代です。むかしは、開き直っても「でも、リアルにおいて出会いのない淋しい子だ」と思われていたのです。「職場で出会いがないのなら、学校時代の友だちのつてを頼りに出会いを見つければ? あ、学校時代から暗い淋しい子だったんだ。かわいそう」と言われていたのです。

現在のマッチングアプリは、そのような時代の背景を受け継いでいます。なぜなら、むかし出会い系サイトやダイヤルQ2をやっていた業者がそのままマッチングアプリの運営をしていることが多いからです。だから、むかしの「名簿」がそのまま出回っている、とすら聞かれます。

ようするに、「リアルの世界においてなんか淋しい人」が、たくさん使っているもの、それがマッチングアプリなのです。どんなに「アプリで出会って結婚する時代になった」と言っても、その背景には淋しい人が山のようにいるのです。

というわけで、マッチングアプリで「ちゃんとした」彼氏をゲットしようと思えば、淋しそうな人を見抜く目を持つべきです。
どうやって?
あなた自身が淋しさの世界から卒業すればいいのです。

イケメンセラピストによる女性向けエステ
『メンズセラピスト』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。