ガチでヤバい女性の恋愛&人生の価値観4つ

最初に人の最期を看取るのは医者です。今日は医者が語った「女性の後悔の一言」をもとに、こういう恋愛観や人生観は捨てたほうがいいのではないでしょうか? というお話をしたいと思います。

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

(1)彼氏に尽くしすぎる

彼に尽くすのが生きがいであるという女性に対しては言うことはありませんが、自由と尽くすことの狭間で気持ちが揺れている女性は、じぶんのために生きるようにしてみてはいかがでしょうか?

医者は「じぶんのために生きればよかった」という女性の言葉を聞くそうです。

 

(2)諭吉ラブ

死期を悟った患者さんがよく口にするのが「あんなに大変な思いをしてお金を貯めなくてもよかった」ということだそうです。

女性のなかでも、500万円は貯金がないと落ち着かないと言って、昼の仕事と夜の風俗やキャバクラの仕事を掛け持ちして真剣に働いている人がいますが、最期が近くなると、人はなぜかこういうことを後悔するみたいです。

お金はなくとも愛は得られる。でも愛はお金がないと続かないという、この世の矛盾めいたものを感じますよね。

 

(3)「ありがとう」が言えない

感謝の気持ちを言葉にできなかったことを、人は最期に後悔するようです。これは性格にもよりますし、相手との関係性にもよりますよね。

普段から、できるだけ「ありがとう」と素直に言えるようにしましょう。簡単です。なにかをしてくれるたびに「ありがとう」と言えばいいのです。居酒屋で店員さんがおしぼりを手渡してくれたら「ありがとう」です。

 

(4)友だち関係が希薄

「友だち」の定義は曖昧ですが、じぶんが友だちであると思っている相手はみな友だちであるとしましょう。そういう友だちに、いろんなことをやってあげる。こういうことが大事みたいです。

あなたの彼氏や両親との関係にも通じることですが、人はなにかをしてもらったことに、よろこびを感じやすい生きものですが、人生は、「相手になにを与えたか」によって規定されます。

 

いかがでしたか? お金も大事。彼も大事。じぶんの幸せも友だちも大事。でも、なにか1つに偏りすぎた人生を送ると、最期にちょっぴり後悔するようです。

かと言って、意固地になって大きくバランスを崩さないと見えてこない人生の真実というものもあり、生きるって難しいなあと思いますよね。

最低限、他者に対する「思いやり」がある時間を積み重ねているということをクリアしていれば、それなりに幸せになれるのかもしれません。

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。