ファミレスの「イケメン店員」に好かれる4つの方法

「彼氏ができない!」と嘆く女性がよく口にする言葉は「だって出会いがないもん」。

でも、あなた、コンビニに毎日出かけますよね? ファミレスにもときどき入りますよね? そこはオンナばかりですか? イケメンの店員さんもときどきいますよね。ほら、出会いはあるのです。

続きを読む

悩みとともに暗く生きるなら3P!ハッピーな恋愛をする3つのコツ

「彼ができないな」とか「最近、モテないし、どうしようかな」と悩んでいるくらいなら3Pを楽しんだほうがいい。

と、まあ1つの極端な考え方ですが、あながち誰も否定できない考え方であるとも思います。楽しく生きるコツ、ハッピーな恋愛をするコツを3つご紹介しましょう。
続きを読む

誰にも内緒でSNSで出会いHする男性の「表の顔と裏の顔」

先日、とある美人女性(27歳)のインタビューをしていたら、「私、20歳くらいのとき、SNSでいっぱい男性と出会ってHしていました」と言われました。そのルックスと発言があまりにもアンバランスで、しばし顔を眺めていました。へえ、こんな美人でもSNSで出会ってHしたかったんだと。

彼女の場合は、結婚したら遊べなくなると思って、結婚前にいっぱいHしたそうです。
続きを読む

イケメンと美人が結婚してしまう3つの理由

イケメンがぶちゃいくな女性と結婚する。こういうケースも世の中には当然あります。男性が女性の母性本能にコロッといけば、こういうパターンになるのかもしれません。

美人さんのなかでも、じぶんの美容のことにしか興味がないような女性と出会ってしまえば、さすがのイケメンも「ちょっとこれはないだろ」と思って、ぶちゃいくなオンナ友だちに「ねえ、こんな美人のことどう思う?」と、相談しているうちに、ぶちゃいくな女性の母性本能の虜になって、結婚してしまう……とかね。
続きを読む

同伴してもHできないのに「酔っ払って口説く男性」はなにを考えているの?

酔っ払って口説く男性のなかは、酔いが覚めた翌朝に「またキ●ガイ水を飲んで、オンナを口説いてしまった」と言う人もいます。

キ●ガイという言葉は、今は差別用語に認定されているので、あえて伏せ字にしましたが、キ●ガイになった本人が、じぶんでじぶんのことをこう表現しているので、伏せ字にする必要もないと思うのですが、まあ。
続きを読む

男性が「是非とも見たい!」と思っている下着の色って?

「今日の下着の色は何色ですか?」と、突然聞くのは、変態です。

ある下着メーカーが、男性に対して「あなたが好きな下着の色は?」というアンケート調査をしました。

この調査結果と、いくつかの著者独自の取材結果を踏まえて、何色のどんな女性の下着に男性は萌えるのか、ご紹介しましょう。
続きを読む

不倫相手が憎らしく思えてきました。どうすればいい?

●質問
不倫相手のことが憎らしく思えてきました。彼はわたしとデートした後、奥さんと子どものいる温かいおうちに帰るのです。わたしは、ひとり暮らしの暗い家に帰るのです。なんか既婚者にセックスをヤラせてあげるのが馬鹿らしく思えてくるのです。でも彼のことは好きです。どうすればいいですか?
続きを読む