「エッチなことが嫌いじゃないので風俗バイトする」のはアリですか?

●質問
「エッチなことが嫌いじゃないので風俗バイトする」のはアリですか?

男性セラピストによるレディースエステ
『メンズセラピストナビ』

●回答
あり、です。
少し前までは(というか、今でも)、「貧困だから風俗でバイトする」という風潮がありました(あります)が、今やそれだけではないんです。
プロのAV男優さんが、ある本のなかで語っていますが「美人でセックス好きでAVに興味がある人は、どんどんAV業界に足を踏み入れてほしいですね」ということです。

そもそも、「貧しいから風俗でバイトする」という見方「しかできないこと」が、偏見なんですよ。
誰に対する偏見かといえば、「貧しくないけど、エロに興味があるから風俗でバイトしたい」と思っている人に対する偏見です。

今は、たとえば「ふつう」の女子大生が風俗バイトしています。
偏差値が50~60くらいの大学(学部によって公開されている偏差値がちがう)に通っている女子が、「留学費用を稼ぐために」バイトしています。
彼女は「ふつうの」暮らしがじゅうぶんできているのです。親が仕送りしてくれているから。
それプラス、留学となると、費用的に大変な家庭も多いでしょうし、そういう家庭を「貧困」とは呼ばないですよね。

あるいは、実家住みで、派遣社員としてはたらいている女子。
年収300万もないけれど、でも実家暮らしなのだから、世間一般の見方はさておき、彼女自身の感覚では「わたしは貧困ではありません」。
でも「エッチ大好きで、AV男優さんとしてみたい」という理由でAVに出ています。同時に、派遣型のデリヘルでもバイトしています。

というような具合で、つまり、ある種の女子って、存在それじたいがエロなのです。
なにも女性を差別的に語っているのではありません。
子を産む能力を神様に持たされている生きものというのは、それじたいがエロなのです。
だから、そのデフォルトの能力、すなわち、エロを、いかんなく発揮するといいのです。
他方、男は……どこまでいっても女子に「ヤラせていただく」しかない生きものです。
女子のことを褒め、ごちそうし、場合によってはなけなしの金を払って「ヤラせてください」と頭を下げるのが男です。
それでもスマタまでしかヤラせてくれないことも多々あるのですから、それはもう。

イケメンセラピストによる女性向けエステ
『メンズセラピスト』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。