どうして男の人は女性を差別するのですか?

●質問
男の人って、どうして女性を差別するのですか?

男性セラピストによるレディースエステ
『メンズセラピストナビ』

●回答
「ふつう」にしていれば、男は女性に負ける、と知っているからです。
「負け」のさいたるものは「セックス」です。
女子は「ふつう」にしていても、セックスの相手を得ることができます。
もちろん「片思いのあの人とじゃないとセックスしたくない(けどそれは無理っぽい)」という状況もありますが、「まあまあタイプの相手」であれば、女子は周囲を見渡すと誰かいますよね。で、その人に「色」を使うと、どうにかセックスできたりしますよね。
周囲に誰もいない場合は、たとえば、マッチングアプリを使ったり、相席居酒屋に行くと、セックスの相手に恵まれますね。

しかし、男はそういうわけにはいきません。
男は「ふつう」にしていても、なかなかセックスの相手に恵まれません。
では、と思って、マッチングアプリに課金する、相席居酒屋に行って金を使う……つまり「かなり」のお金を使う。それでもセックスの相手を得るのがむずかしい(場合によっては美人局に騙されて、午後のニュースに顔と名前が出てしまう)。

デフォルトというか「ふつう」の状態において、男はセックスしづらいが、女子は「まあまあ妥協的に生きれば」セックスの相手が即座に見つかる。なんなら、今からでも誰かとセックスすることができる。

この「格差」を、男は骨の髄まで知っているのです。
言い方を換えれば、「女子は<あのもっとも素晴らしい行為であるセックスにおいて>恵まれている」ということを熟知している。

「だから」、話が仕事のことになれば「セックスは女に負けているのだから、仕事くらい男に勝たせろ」と思って頑張る。具体的には、金の分配法や権力を誰がどれくらい握るのか、という話は、男だけで密室で決めて、女を締め出す。なぜなら「あの最高の行為である」セックスに関しては、女子が「全権」を握っているし、女子が最強だから。

というわけで、男は「しょーもないところで」女性を見下し、差別します。
本当は、女子のほうが偉いということを、骨の髄まで、じつは、知っているからです。

*本コラムには、女性差別を助長する意図は微塵もありません。念のため。

イケメンセラピストによる女性向けエステ
『メンズセラピスト』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。