毎日オナニーしてしまうわたしはどこかおかしいのでしょうか?

●質問
毎日オナニーしてしまうわたしはどこかおかしいのでしょうか?

美ip | 美容・エステ・ダイエットの考察ブログ

●回答
これ、もうネットに答えがたくさんあるじゃないですか。
女子って女子どうしでオナニーの話をしないから、ほかの人がどれくらいの頻度でオナニーしているのか知らない人が多いのかもしれませんが、ネットに答えがあります。

毎日オナニーする人って、まあまあいますよ。
毎朝起きたらすぐ、枕の下に隠してある電マを使ってオナニーする女子がいます。毎朝です。しかも3回くらいイクんだそうです。
毎晩、夜帰ってきたらまずオナニーする女子だっています。
女子高生なら、勉強しているうちにいつも、右手が股間にいき、そのままオナニーし、気づいたら制服を全部脱ぎ捨てていて、しかも5回もイっていた、という人もいます。

毎日オナニーするあなたは、べつにどこもおかしくありません。そういう人はごろごろいます。

以下は心理学的余談です。
毎日オナニーする人は性欲が強い人ですが、なぜ性欲が強いのでしょうか。生物学的には遺伝なのでしょうけど、心理学的(深い人間洞察という意味における心理学的)には、なんか寂しいからオナニーする、ということが言えます。

友だちも家族もいるのに、なんか寂しい。そういった「人に言えない寂しさ」を抱えている人はオナニー大好きです。
なぜなら、なんか寂しいという気持ちを手っ取り早く満たす方法を、オナニー以外に思いつかないからです(ほかになんかある?)。

「なんか寂しい」人って、「この自分が嫌い」と思っています。「なぜこの自分が自分なのだろう」と思っています。「なりたい自分」になれない「なれなさ」に怒っています。その怒りがオナニーさせるのです。

つまり、彼女は本当はセックスしたいのです。オナニーよりセックスなんです。
でもそこまで「反抗的態度」をとってもいいのか、彼女は不安に思います。なので、本当はセックスしたいのだけれど、それよりワンランク下のオナニーを選択するのです。
「なんか寂しい」「なぜこの自分が自分なのだろう」「なりたい自分になりたい」こう思っている人たちは今日もせっせと右手の中指を動かし続けるのです。
以上の「オナニー心理学」はキルケゴール心理学にもとづいて書かれました。

美ip | 美容・エステ・ダイエットの考察ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。