女子の部屋を盗撮する男性って逮捕されると知っててなぜ盗撮するのですか?

●質問
盗撮する男性って逮捕されると知っててなぜ盗撮するのですか?

美ip | 美容・エステ・ダイエットの考察ブログ

●回答
女子のひとり暮らしの部屋を、ドアスコープやカーテンの隙間とかから盗撮というか窃視する男ですね。
キルケゴール心理学によると、窃視する男って、「なぜこの自分が自分なのだろう」という悩みに答えが出ないから窃視するのです。
ようするに彼は病んでいるのですが、その病み方というのが自己否定に起因しているのです。すなわち、「この自分」が嫌いなのです。だから生きている心地がしない。だから「ほかの人は<どんなふうに>生きているのだろう」というのを知りたいのです。

ほかの人のなかでもとりわけ、彼にとって「生き生きと生きている」ように見えるのが女子です。
彼は男には興味がないのです。自分が男であり、そいつは「どう生きればいいのだろう」と思って毎日悩んでいるわけだし、自分以外の男もたいてい自分と似たり寄ったりだろうと思っているのです。だから男には興味がないし、自分が生きるうえで参考にならないのです。

では彼はなぜ女子が「生きるうえで」参考になると思っているのでしょうか。
彼は女子を女神と思っているからです。
女子は何の悩みもなく、もしあったとしてもそれは「どう生きればいいのか」という答えが出ない悩みではなく、いつも俺に希望を与えてくれる存在であり、そのおっぱいとお尻には希望が詰まっている、というような、女子からすればまるで頓珍漢な誤解を彼は持っているのです。

実際には、あなたは「どう生きればいいのだろう」と悩んでおり、毎日なんか寂しくて、マッチングアプリであと腐れなくセックスできる相手を探しており、仕事がじつはつまらなく、両親とも仲が悪いとしても、彼はあなたのことをそうは見ていないんですね。
彼女は女神だ! 完璧な女子だ! 彼女の生活の隅々までを観察することによって「どう生きるべきか」という積年の悩みに答えが見つかるはず!
彼はこう思っているのです。だから女子の生活を窃視するのです。

自分に絶望している人はつねに「生き方のお手本」となる人を探しています。そういう人の「他人には見せない」ところに、なんらか「どう生きるべきか」の答えがあるだろうと思っています。
だから女子の生活を窃視するのです。
だから窃視は逮捕されても繰り返されるのです。

※窃視犯を擁護する目的で書かれた記事ではありません。念のため。

美ip | 美容・エステ・ダイエットの考察ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。