男が口にしないけど「マジやって欲しい」と願っているHのパターン4つ

Hのとき「気持ちいい! お願い! もっとマ●コを舐めて!」と、彼に言っていますか? 女性は恥ずかしがって、あまり言えていないとする調査結果もあります。

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

実は男性だっておなじで「恥ずかしい」ので、「やって欲しいこと」をあまり口にしません。しかし、男がマジでやって欲しいことを知り、それを黙って実践してあげると、カップルはより長く付き合うことができ、日本の離婚率は下がるかもしれません。

今回は、男が口にしないけど「マジやって欲しい」と願っているHのパターンを4つご紹介しましょう。

おススメの40代~50代の熟女求人はこちら。

(1)ディープキス

どちらか言えば、女性のほうが愛のあるねっとりとしたキスを求めると思います。でも、男は「キスは感じないから適当にね」とは思っておらず、はやくマ●コを舐めたいかと、挿入したいから、キスという段取りがおろそかになっているのです。

ねっとりとしたディープキス、男は求めています。男女ともに口腔は「性感帯」なのです。

(2)後ろから玉を舐めつつ竿をしごく

前から玉を触りながらフェラをするのと、後ろからされるのとでは、男は感じ方がちがいます。これがなぜなのか、論拠となるデータがネット上で探しきれなかったのですが、まあ、やってみてください。彼、我慢汁を布団や絨毯に垂らしまくると思います。

(3)乳首責め

男の乳首は、進化の過程において「単に退化しなかっただけ」と、医学的には言われているようですが、男、乳首めっちゃ感じます。

後ろから、両手で、両方の乳首をコリってあげると、すぐにフル勃起します。

(4)パイ擦り or 素股

パイ擦りができない美(微)乳の女性は素股でもOKです。ポイントは亀頭をやわらかい肌と我慢汁&唾液でクチュクチュにしてあげるということです。

私見ですが、挿入より、パイ擦りや素股は気持ちいいものです。亀頭を執拗に刺激するから、気持ちいいのだろうと思います。

ご紹介したテクニックのなかのいくつかは「プロ」っぽいものかもしれません。でも、『姫テク』で読んだ! と言い張って、どんどん彼氏にやってあげるといいと思います。

多くの場合、「プロっぽいから、このテクは使えない」と、女性が思い込んでいるところに、セックスの限界があると言えるのではないでしょうか。

一度、プロっぽくやってみて、彼が心底感じていたら、彼は「お前、プロ?」とは言わなくなるものです。またやって欲しいから。

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。