男性が「本命の彼女だけにする」Hなこと4パターン

Hは相性であると言われていますが、結局のところ素直にしてほしいことをしてと言える相手であるとか、お互いにノリが合うとか、そういうことが、最高のHをする秘訣だと思います。

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

が、ノリが合う/合わないというのも、長い時間をかけて男女でより良くコミュニケーションしないとかなわないことであったりもします。本命の彼の前では緊張してしまって、いつものように楽しくHできない女性だっているでしょう。

男性も、そういうところあります。男性が本命の彼女だけにするHなことを4パターンご紹介したいと思います。

(1)しつこいキス

遊びでHするときって、男は激しいキスをしないことのほうが多いでしょう。キスに時間をかけるのではなく、その他の前戯や性交渉そのものに時間をかけるでしょう。

本命の気持ちがこもりまくっている彼女とHするときは、しつこいくらいキスをします。好きだからね。

(2)早漏すぎるか遅漏すぎる

好きすぎると、男は早漏すぎるか遅漏すぎる結果になる。女性が逝く時間を考慮して「ちょっとロングバージョン」という計算どおりにカラダが言うことを聞いてくれないんです。

好きすぎて、超気持ちよくてすぐ逝くか、女性が擦れて痛くなってもまだ逝かないか。いずれかの結果になることが多々あります。緊張しているということです。

(3)クリを剥いて舐めてくれない

男って、好きな女性がどんな性器をしているのか、その色や形をしっかりと見たいと思っています。でも本当に好きな女性に対しては、緊張しているので、見るのが恥ずかしいなと思うものです。

よって、クリをしっかり剥いて舐めてくれないということになります。剥いて舐めたいんですが、恥ずかしいから、ついそういう行為を省略しちゃうんです。

もっとも「大好きだから」剥いて舐めまくるという男性もいるので、この項はいちがいには言えないかもしれませんが、こういう男性もいるということです。

(4)正常位か騎乗位か対面座位のどれか

駅弁スタイルでHをするというのは、遊びでしょう。そうか、お互いに良好なHのコミュニケーションができているか。

本当に好きな彼女とのHは、男は正常位か騎乗位か対面座位のどれかになりがちです。ふつうの体位でHをしていても、大好きだから気持ちがあふれて、ふつうの体位だけで気持ちいいのです。

いかがでしたか? しっかり前戯をしたほしいとか、ホテルの部屋で夜景を見ながら立ちスタイルでHをしたいという女性の願望を叶えようと思えば、本命の彼氏ではなく遊びの男とHをするか、カップルどうしで緊張しあわないですむような良好なコミュニケーションを日々構築するか、どちらかをおすすめします。

女性におすすめの40代~50代の熟女求人はこちら

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

男性が「本命の彼女だけにする」Hなこと4パターン” への6件のフィードバック

  1. あばばば のコメント:

    うーんあたらずともとうからずだよね。ほんとに好きな女の子とのHは、逆に気持ち的にもどかしい。どんな体位だろうがキスだろうが満たされない。ほんとにひとつになりたくてどんなことをしても、もどかしい。彼女と自分の体がわかれてるのがもどかしい。始終触れていたい。抱き締めていたいって感じだよな。

  2. のコメント:

    いちいち噛み付いてくる馬鹿男は女のまんこを自分たちが楽しむためのものだと勘違いしてる
    粗チンは遺伝子的に劣ってるから滅びろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。