美魔女・美ママでも「こいつババアじゃん」って思われる女性の言動4つ

女性は「生涯、お姫様でいたい」と思っているようですが、それは、女性はちょっと気を抜くと幼い頃から「おばはん」であるからです。

おばはんである私は、常に「いいオンナ的に見える言動」を意識しておかないと「おばはん」のままで、お姫様にはなれないから、女性は常に「お姫様でいたい」と思います。

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

どんな言動をすれば「おばはん」と男に思われてしまうのか、4つご紹介しましょう。

(1)会話の内容にデリカシーがない

おばはんの中にはプライベートとパブリックの境界線がありません。だから初対面の人にも「あなた、年収はいくら?」とか「結婚しているの?」と、平気で聞いてきます。会話の内容にデリカシーがなくなれば、あなたは美魔女であっても立派なおばはんです。

 

(2)人の噂話をする

おばはんは他人の噂話が大好きです。噂話でお腹を満たしているのかと思うほどです。「あの子(おばはんは“あの子”とよく言う)このまえ朝帰りしてたらしいよ」とか「●●ちゃんところのカップル、彼氏がリストラにあって、●●ちゃん離婚するかもしれないのよ」とか・・・ほっとけよ・・・ということです。他人のことをほうっておけない=ババアということでしょう。

 

(3)人を見下す

「あの男、お金を持っていないからイヤ」とか「あの子、トロいから誘わない」と言うようになれば、私もおばはんになってきたなあと思ったほうがいいかもしれません。

極端な例かもしれませんが、皇室の方々がいくつになられても美しく「プリンス」であり続けるのは、“絶対に”人を見下さないから・・・というのも、理由の1つでしょう。

 

(4)健康を気にしすぎて「食べない」

おばはんは、旦那や子どもの残り物を食べる・・・ということが世間ではよく言われていますが、健康を気にしすぎるあまり、食べないのもおばはんの特徴の1つです。

天ぷらは油が多いから食べないとか、白いご飯は太るからパンを少しだけ食べるなど、「一聞してもっともらしい理由ではあるけれど、民間療法的なまゆつば情報も含まれること」を基準に食事を語りだすと、もうおばはんです。

いくつになっても、お姫様は、出された料理を笑顔でいただいて「おいしゅうございました」と言うものです。

 

いかがでしたか? こうやって見てみると、姫であり続けるのも、けっこうな努力が必要ですよね。おばはんのほうが生きるのが楽なのかもしれません。

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。