男がわりとよく失敗している「女性の愛撫のしかた」4選

今回は、男がわりとよく失敗している「女性の愛撫のしかた」についてご紹介します。裏を返せば、こういう愛撫をすると女子はメロメロになるということで、男性読者の皆さんはぜひ参考になさってみてはいかがでしょうか。

さっそく見ていきましょう。

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

■1:両手を使うことを忘れた

「彼女の乳首を舐めつつ、クリを指でコリコリするのが好きで、毎回このパターンの前戯から始めますが、いつももう片方の手があいているなと思い、反省しています」(25歳・フリーター)

男って、舌と片方の手が忙しかったら、もう片方の手のことを忘れがちです。男女ともに3点責めって、気持ちいいものですが、ついうっかり! ってことです。

 

■2:フェザータッチで触ること

「ついがっついてしまって、力を込めて乳首をコネったり、力任せに舌をアソコにねじ込んだり、思いっきりお尻を揉んだりして彼女に怒られます」(20歳・学生)

男は大好きなものを見ると、思わず力が入ってしまう生き物です。セックスの基本はフェザータッチだとわかっていても、つい力が入るのです。

そういうときは「やさしくしてね」と、やさしく言えば、彼は一瞬、やさしくしてくれます。

 

■3:言葉でウットリさせること

 「愛撫のとき、ぼくは黙々と愛撫して、『きれいなおっぱいだね』とか『乳首が大きくなってきた』というような言葉責めを忘れがちです。

こういう演出があったほうが、彼女も燃えると思うんですが、つい黙々と愛撫して黙々と腰を振るってことに……」(27歳・IT)

言葉責めは「ねえ言葉責めしてよ」と彼に言ってもいいように思います。特に恥ずかしいことではないですし、やればやるほどカップルの絆は深くなるものです。

 

■4:カサカサの手はツルツルにする

「ぼくの手はいつもカサカサで、彼女に痛いって怒られます」(34歳・建築)

女性の肌は絹のごとし。これを男子に言って聞かせておくといいでしょう。

 

いかがでしたか?

こういう「細かいこと」は、男子は失敗を重ねながら学ぶと思いますが、失敗を重ねられても困るという女子のみなさんは、「痛い」とか「手が遊んでる」とか、ハッキリ言ってみてはいかがでしょうか?

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。