男子にとって熱愛の賞味期限は1年って本当ですか?

●質問
彼氏の態度が最近冷たいです。男子にとって熱愛の賞味期限は1年なんですか?

男性セラピストによるレディースエステ
『メンズセラピストナビ』

●回答
女子が言う「熱愛」というのが、毎日LINEか何かで愛を確認しあって、週に2日は食事(か、飲み)からのお泊り、というのであれば、その熱愛は、男にとって「1年で十分」とか「1年で勘弁してほしい」ものです。

なぜなら、セックスするにしろ食事をするにしろ、お金がかかりますが、その金はたいていの場合、男が負担しているからです。
なにも負担したくないということではないんです。
食事してからのセックスとなれば、居酒屋からのラブホというのでも、最低1万円くらいはかかります。もっといい食事&ホテルなら、3万、5万、もっと、ということになります。
それが週2回あれば、月8回です。最低でも月8万の出費。多いと月30万とか50万とか!

そんな金、今の男子が払えるわけがないでしょう。払えている男子は、貯金を切り崩して払っています。あるいは、月収50万くらいある男子です。
月収30万でひとり暮らししている男子は、月8万もデート代を払えません。

つまり、「熱愛」が1年くらいで冷めたというのは、単純に、彼の手持ち資金が切れたということです。

彼はあなたのことが好きですよ。お金があれば2年目も3年目も「熱愛」したいと思っています。
でももう彼にはお金がありません。あっても、それは結婚資金として置いておかなくてはなりません。なぜなら、彼に結婚資金がないとわかった彼女の中には、平気で彼を切り捨てて他の男子と結婚する人がいるから。そういうのを彼は知っているから。

ようするに、女子が言う「熱愛」とか「ラブラブ」「いちゃいや」には金がかかるんっすよ。
その金は、日本がまだ景気のいいうちは、空気みたいなもんでした。
その時代にあっては、「あ、今夜もラブホ泊まりたいの? OK!」と即答していました。だから、毎晩、どこの街のラブホも激しいセックスをするカップルで満室でした。今は勤勉実直なベトナム人とかで満室になっています。

今の時代、月30万稼ぐのも大変です。30万って、額面ですよ。そこから税金や健康保険や介護保険を引かれて、手取り25万あるかないかですよ。
それで「熱愛」しろと言われても、男は困るんっすよ。ない袖は振れないから。

イケメンセラピストによる女性向けエステ
『メンズセラピスト』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。