男の「賢者タイム」の秘密とは?

●質問
セックスのあとの「賢者タイム」が好きじゃありません。男の人って、セックスのあと、どうして「賢者モード」に突入するのですか?

男性セラピストによるレディースエステ
『メンズセラピストナビ』

●回答
肉体疲労から「あさましいことをしてしまった」という消極的な気分に陥るからです。
男って、女子より、肉体疲労が激しいのです。女子が「5回も6回もイキたい!」「まだイカせてほしいのに!」と思っているのに対して、男は「精子がなくなったら終わり」と思っています。それは、男の肉体疲労の方が女子よりも激しいという理由に依るのです。
いえ、男だって、何回もイキたいと思ってるんですよ。でも、肉体の疲労は意思を超えていますから、どうすることもできないのです。

疲労が閾値を超えると、男はネガティブな思考に突入します。
疲れている肉体は、必然的にネガティブな考えを引き起こすからです。
「ああ、またあさましいことをやってしまった」と彼は考えます。
あさましいこと!
あなたとのセックスがあさましいこと!

というのは、相手がどんなに好きな彼女であっても、男は「セックス=善くないこと」と刷り込まれているのです。
中高生のとき、親に「彼女とセックスしてくるわ!」と意気揚々と言ったことのある男子はいません。セックスは隠れてコソコソとするもの、という刷り込みがあるからです。
セックスが親や学校の先生にバレて怒られた経験のある男子はなおさらです。
セックスのあとの疲れた肉体は、その「善くない」行為をしてしまったとの、無意識的な思いを呼び覚ますのです。

繰り返しますが、これは、彼女のことがどれだけ好きかとか、そういうのとはまったく関係ありません。彼女とのこととは「まったく独立に」、男は「セックス=善くない行為」と思っているということです。

だから、たとえば、男で乱交パーティーを楽しめる人が少ないのです。
むろん、みなさん、口では「乱交パーティーなんて夢のまた夢」と言います。
しかし、実際に、いざコトを起こすとなったとき、「やっぱ俺帰るわ」と言い出す人がかならずいます。
「セックス=善くない行為」と刷り込まれているから、彼の無意識が「乱交なんてやってもいいと思っているのか?」と、彼に尋ねるからです。

男の賢者タイムって、意外と根深いものがあるのです。

イケメンセラピストによる女性向けエステ
『メンズセラピスト』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。