恨みや許せない気持ちはどうすれば消える?

●質問
元カレが死ぬほど憎いです。恨みや許せない気持ちはどうすれば消えますか?

美ip | 美容・エステ・ダイエットの考察ブログ

●回答
憎しみって、どこかの段階から自分を責める気持ちに変わることがあります。
たとえば、すごく彼に尽くしていたのに、その彼に「別れよう」と言われて別れた場合、あなたは彼のことをすごく憎むでしょう。あんなに尽くしたのになんやねんこいつは、みたいに。
そういう気持ちが半年、1年、場合によっては2年3年と続いたある日、「とはいうものの、やっぱり私の愛が重たかったのかな」などと自責的な気持ちに変わることがあります。

変わらない、と思う人は、生まれつき他責的な性格なのです。なにか悪いことが起きたら他人のせいにする習慣が身についているのです。
それが悪いということではありませんよ(むしろ、うらやましい)。
自責的な人も他責的な人も共に、「そういう運命だったのだ」と思えるまで、憎しみの感情は続きます。反対からいえば、「そういう運命だったのだ」と思えるようになること(思えるように努めること)が、すなわち、恨みや許せない気持ちを消す方法です。

わたしたちは、自分の意思だけで物事を推進しているわけではありません。なんらかの偶然によっていいことが起こったり、反対に悪いことが起こったりしています。
なので、彼氏に振られたというのも、あなただけが原因ではないし、元カレだけが原因ではないのです。あなたと元カレの意思を超えたところで、何者かの意思が作用した結果、ふたりは別れたのです。

「偶然」という概念を持ち出してこの手のことを説明されるのがイヤな人がいるのは承知しています。しかし実際に、わたしたちの人生は偶然に支配されっぱなしでしょう。たとえば、生まれてくること、死ぬこと、は偶然の産物です。不摂生しても長生きする人は長生きします。どんなに注意を払って暮らしていても、ある日頭上から鉄骨が降ってきます。

わたしと元カレはそういう運命にあったのだ、と思えること。これには長い年月がかかるかもしれません。しかし、そう思えたなら、確実に恨みや許せなさは消えます。

美ip | 美容・エステ・ダイエットの考察ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。