「自分は締まりが悪いかもしれない」と感じたときのうまい対処法4選

男女のサイズの相性や、女子のアソコの締まり具合については、一定の正解がないので、ネット上にいろんなことが書かれています。

今回は「自分は締まりが悪いかもしれない」と思ったときに、女子としてどう対処すればいいのか? ということについて、何人かの女子にお話をお聞きしてきました。

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

さっそくご紹介しましょう!

■1:フィットする男子を探す

「サイズの相性とか、締まり具合の好みって、どうしようもないので、締まりがいいと言ってくれる男子と出会えるまで、いろんな男子と寝ます」(22歳・大学生)

なんのひねりもないご意見ですが、これもひとつの方法だろうと思います。「絶対に」あたしのがいいと言ってくれる男子と巡り会えるはずだと信じて行動することが、「いい女」への近道とも言えるわけですから。

■2:膣トレをする

こちらは定番のご意見かと思いますので、証言を割愛します。でもやってみる価値はありますし、定番ながら重要なことではないでしょうか。膣も筋肉なので、トレーニング次第とも言えます。

■3:角度を工夫する

「女子としては男子の快感を想像するしかないのですが、今の彼は、締まりが悪いと感じたら、あたしの腰の下に枕を置いて、挿入の角度を変えています。角度が変われば気持ちいいんですって!」(22歳・飲食)

「かずのこ天井」と言われるように、男子の快感は「天井にちゃんとあたっているかどうか」にもよるので、角度を工夫するというのは「あり」かもしれませんよね。

■4:2つ入れる

「締まりが悪いとか、サイズのちがいとか、そういうで私が悩んでいたら、彼は私の中にローターを入れてから、チ●コを挿入してきました。彼的にはすごく気持ちいいんですって! 当然、私も超気持ちいいです」(25歳・派遣OL)

逆転の発想と言うべきでしょうか。アイデアとしてはなるほどなと思いますよね。

いかがでしたか?

締まり具合やサイズというのは、「合わなければ絶望的」というのが常識のようになっていますが、ちょっと見方を変えて工夫してみると、ありえないほどの快感が男女を襲い、締まりが良くないからこそ最高のセックスができた、ということになります。

怪我の功名とは、こういうことなのかもしれません。

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。