やっとの思いで「女性器を見ることができた」男子のホンネ6選

どんなに立派な企業の社長さんでも、どんなイケメンであっても、やっぱり、日夜、大好きな彼女の女性器を見ることを夢見ているものです。

今回は、やっとの思いで「女性器を見ることができた」男子のホンネに迫ります。

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

さっそくご紹介しましょう!

■見るまでに**万円かかったからな・・・

はじめて彼女と出会い、いっぱいデートをし、いっぱい支出をし、やっとの思いで女性器を見た男子の感想が「女性器を見るまでに、おれは**万円も使ったからな……しっかりと見ておかないと」というものだそうです。

男子は多くの場合、文字通り「身銭を切って」女性器を見るにいたるので、ま、こういう感想もあるのでしょう。

■それにしても部屋が暗くて見えやしない

エッチのとき、部屋を暗くして! と言う女子に対して、男はしかたなく部屋を暗くします。

で、この感想です「それにしても部屋が暗くて見えやしない」。

**万円も使って、やっと見ることができた女性器……あら、見えない……こういうことでしょう。かわいそうですよね。

■記憶しとかなくっちゃ!

彼女の女性器の形や色を記憶しておいて、後日、オナニーするときに使用しよう! こういうことを考えている男子もいるそうです。

■女子はアワビを食べるとき「共食い」と思うのかな?

こちらは女子の想像におまかせします。


■なぜビラビラがないの? ビラビラはどこ?

最後は、ビラビラがない女性器について。

モテそうで遊んでそうな女子……その女性器にビラビラがないとなると、混乱する男子がいるそうです。

男たちの常識として「遊んでいそうな女子の性器はビラビラが……」というのがあるということです。

いかがでしたか?

やっとの思いで「男性器」を見たときの女子の感想も、ぜひお寄せください♪

これは! という証言があれば、こちらの独断と偏見で選んで掲載したいと思います。

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。