彼にもっと好かれるために「言っておいたほうがいい」セックス中のコトバ

14

女性のなかには、彼にもっと愛されるために、膣トレをしていたり、逝きやすい体質になるように、毎晩ひとりエッチをしている人もいるかと思います。

しかし、そういう努力をしなくても、エッチのときの「ひと声」があれば、男子はおおいに悦ぶようです。

今回は「彼にもっと好かれるために「言っておいたほうがいい」セックス中のコトバについてご紹介したいと思います。

恋愛テクニック集!恋愛ブログランキングへ 
恋愛の正解、教えます!にほんブログ村 恋愛ブログ 
男ウケのいい女性って? FC2 Blog Ranking  

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

1:「おかしくなりそう」

彼にアソコをずっとペロペロされつつ、指を出したり入れたりされつつ、乳首を責められる。たとえばこういうときに「気持ちいい」というのではなく「おかしくなりそう」と言えば、男子はおおいに悦ぶようです。

 

2:「もっとして!(やめないで!)」

恥ずかしそうにしている女子の表情に萌える男子も多いものの、男子は「こんなかわいい顔をして、こいつ、セックスにすげぇ貪欲なんだな」と思えば、より萌える生きもののようです。

ということは、「いやん!」ではなく「もっとして!」とか「やめないで!」という言葉を男子は期待しているということでしょう。

 

3:「逝く!」

なんとなくしれっと逝かれても、あまりうれしくないという男子の証言もあります。逝くときは、ちゃんと「逝く!」と宣言したほうがいいのかもしれません。

言葉にするのが恥ずかしいのであれば、あからさまにお腹をヒクヒクさせて逝くとか、なにか彼に分かるサインを出したほうがいいでしょう。

 

4:「あたし、もうビチョビチョ」

男子は女性の口から「ビチョビチョ」という言葉を聞くと、なぜかものすごく興奮します。これも上記2,でご紹介したように「こんなかわいい顔をして、こんな淫語を言うなんて!」という男子ならではの「ギャップ」があるからではないかと思います。

フェラをしつつ、上目づかいで「あたし、もうビチョビチョ」と言うとか、ラブホのエレベーターのなかで「あたし、もうビチョビチョ」と言うなど、シチュエーションごとにうまくこの言葉を使ってみてはいかがでしょうか?

 

いかがでしたか? 言葉でのプレイを売りにしている風俗店でもない限り、ご紹介したような言葉を聞く機会は、男子には少ないものです。

かわいい彼女がこんなことを言ってくれた! たとえプレイがいまいちでも、言葉だけで男子はすごくうれしくなる生きものではないかと思います。「よく見える?」とか「あたしの、きれいなピンク色でしょ?」という言葉も、男子の心を鷲掴みにすると思われます。

 

【画像】

mark sebastian

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ 
エッチな恋愛テクニックを極める!にほんブログ村
大人の複雑な恋愛事情・・・体験談ランキング 

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。