女子のオナニーにかんする男子の妄想

●質問
男子は、女子のオナニーをどんなふうに妄想しているのですか?

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

●回答
最近では、女子のオナニー盗撮映像なんかも、ふつうにネットに出ているので、おそらくネットの映像にあるようなことを、男たちは妄想しているのだろうと思います。
がしかし、おそらく多くの男子は、自分が好きな女子に限って、そこまでエロくむさぼるようにオナニーをしていないはずだと思っています。盗撮映像に出ているような女子は特殊なほど性欲が強い女子であり、俺が好きなあの子はそこまでオナニーしていないだろうと、多くの男たちは思っていると思われます。

男はそもそも、女子にどのていど性欲があるのかを知らない
なぜなら、男はそもそも、女子にどのていど性欲があるのかを知らないからです。
また、自分が好きな女子は、きっとエロに関して清楚で奥手だろうと思い込んでいるからです。
盗撮オナニー映像をどんなに頻繁に見ている男子であっても、映像に出ている女子と、自分が好きな女子とが、頭の中で結びついていないんですね。

昔からそうだったのかもしれません
女子のエロさに関する男の考えって、昔からそうだったのかもしれません。
その昔、田村俊子という作家がいました。明治17年生まれの作家さんです。
田村さんは、女性にだって性欲はあるし、女性だってエロいことに興味を持っているし、実際にエロいことをしたいと思っているにもかかわらず、女性がエロのエの字を口にしようものなら、世間の男女から白い目で見られる、この女性を蔑視する感じを小説にしています(たとえば短編小説『枸杞の実(くこのみ)』)。

これ、今でもおなじですよね。
女子トークやネットの中など、局地的に「女子のエロさを認めてくれる場所」は存在するものの、世間の男女は(男女の女がポイント!)、女子がエロさを表に出したら、イヤそうな表情を浮かべるじゃないですか。
女性が女性に対して「この子フシダラだわ」と言うじゃないですか。
男は男で「こんな清楚でかわいい子を<俺色>に染めてみたい」と言うじゃないですか。
俺色に染めるもなにも、清楚でかわいい女子は、それこそ高校生くらいから男とセックスしていて、かわいいものだから男が熱心になってふつうはありえないようなプレイで彼女をイカせまくっていて、彼女はそういう刺激がないと物足りない身体の女子になっているわけですよ。「そのへんの男」の何十倍も、何百倍も、エロの経験値が高い「優等生」なわけですよ。

女子はどれくらいエロい生き物なのか? この問いに対するリアルな答えを知らない男たちは、せっせと女子のオナニー映像を見て、映像にあるとおりに妄想します。
リアルな答えを知っている男は、女子のオナニーにかんする妄想などしないでしょうね。
俺も君もエロいのだから、今日もお互いオナニーに励もう! としか思っていないのではないでしょうか。

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。