女子が「あたしって変態かも!」と思ったとき4選

ひとは誰でも変態よい子であると、この『姫テク』は考えていますが、ときどき「あたしって変態なのかな」と不安になる女子もいると思います。

そこで今回は、女子があたしって変態かも! と思った瞬間についてご紹介したいと思います。お読みになって「上には上がいるから、私なんてぜんぜん変態ではない!」と安心するのか、そうではないのか……。

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

さっそく見ていきましょう。

■1:痛いほど乳首をつままれないとイケない

「私は乳首を痛いほどつねってもらわないとイケません。なぜか中学生くらいのオナニーのときからずっとそういう体質なのです」(25歳・エステティシャン)

こういう女子とエッチをする男子は、ちょっと大変ではないかと思います。痛いほどつねるのは男子的にはもちろんOKですが、「どれだけ力を入れてつねるといいのか」力加減に困ったりします。あまりに力が強いと、女子、怒りますしね。あるいは乳首がもげないのかな? と心配になったり。

■2:彼にアソコにバイブ、アソコにローターを入れられて逝ってしまった・・・

「彼にアソコにバイブ、アソコにローターを入れられて逝ってしまったときには、さすがにあたしって変態的なカラダになってきているのかもと不安に思いました」(20歳・大学生)

こういう女子はたくさんいますので、だいじょうぶですよ。

■3:意外と大量の潮が出てしまったとき

「ある日、彼氏とエッチしていたら、私が思っているよりも大量に潮を吹いてしまって、私って本当は変態なのかもと……」(24歳・派遣OL)

マットレスを軽く押したら、潮がにじみ出てくる……というのを「大量」といいます……というような量の潮を吹く女子もいますので、まあそう心配することもないでしょう。

■4:バイブを隠し持っていないと生きていけないと悟ったとき

「ひとりエッチ用にバイブを隠し持っていないと生きていけないと悟ったとき、自分は変態かもと思いました」(21歳・大学生)

こちらもそう心配することがないように思います。そこに穴があるから埋めたくなるときもある……くらいに思っておくといいのでは?

世の中には、電マがないと生きていけない女子とか、刷毛がないと生きていけない女子とか、いろんなひとがいますから、バイブの1本や2本、かわいらしいものです。

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。