男子が「ぜひ舐めてもらいたい」と思っている「俺の性感帯」

「俺のイタリアン」とか「俺の割烹」という名前の飲食店が登場して久しいですが、「俺の性感帯」というタイトルのコラムを、Webで見かけたことがないので、今回は「俺の性感帯」に迫りたいと思います。

男子が「ぜひ舐めてもらいたい」と思っている「俺の性感帯」。

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

さっそく見ていきましょう!

 

■1:乳首

「男で乳首が性感帯というと、女々しいみたいに思われるのかなという恐れがあって、彼女に言えません。でも乳首、ぼくは性感帯なんです」(27歳・広告)

AVを観てもわかるように、乳首が性感帯の男子、わりと多いように思います。

■2:アナル

「俺の性感帯はアナルです」(25歳・教材販売)

アナルは、男女ともに性感帯であるようですが、あれは「開発」しないと、生涯、アナルの気持ちよさが分からないのかもしれません。

■3:太ももの内側

「女子で太ももの内側が感じるというひと、いますよね。ぼくは男ですが、俺の性感帯は太ももの内側です」(28歳・建築)

肌が少々薄くてやわらかいところは、男女問わず性感帯ってこと?

■4:タマと太もものさかいめ

「女子で大陰唇の外側――つまり太ももと大陰唇のさかいめが性感帯ってひと、いますよね? あれとおなじでタマと太もものさかいめが、俺の性感帯です」(24歳・土木)

アソコは、舌でチロチロ舐めてあげると、悶絶する男子、けっこういるように思います。

「舐め」ないまでも、そこを「触る」ことで、男性客を虜にしているのが、メンズエステです。あそこは「舐め」はできないですから。

いかがでしたか?

こうやって見てみると、男女で似たようなパーツが「性感帯」であるように思いますよね。

あたしが気持ちいいところを、そのまま彼にも舐めてあげると、意外とラブラブなエッチが楽しめるのではないかと思います。

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。