犯されたい願望のある私はどうかしているのでしょうか?

●質問
私には「犯されたい願望」があります。こんな私はどうかしているのでしょうか?

男性セラピストによるレディースエステ
『メンズセラピストナビ』

●回答
犯されたい願望のある女子が一定数いるのは事実です。
がしかし、今の世の中においては、「犯す」という言葉に「男が無理矢理セックスする」というニュアンスがついてしまっているので、女子が言う「犯されたい」も、どことなく反社会的な感じで捉えられてしまっていて、その結果、犯されたい願望がかわいそうな社会的立場になってしまっているように思います。

犯されたい願望って、ようするにドMだということでしょう?
男子の中にも、女子の中にも、犯されたい願望のある人はいますし、そのような願望を持つことは、不自然なことでもないし、変態でもないです。ごくふつうのことです。

でも、社会的には「犯されたい願望を持っている人=変態」ということになっています。そのアレンジパターンとして「痴漢されい願望」や「首絞めてほしい願望」を持っている女子も一定数いますが、その人も、社会的には変態と言われ、差別的な扱いを受けることがあります。

ところで、犯されたい願望とは、端的に、自分の人生に絶望しているということの現れです。

みなさんそれなりに満ち足りた生活をしていますね。雨風をしのげる家に住んで、それなりの暮らしをしてらっしゃる。
人によっては、彼氏がいたりします。親が学費を出してくれている大学生だったりします。
あるいは、銀座のクラブで働いている20歳の女子が「わたし、犯されたい願望があるの」と言うこともありますが(彼女は結局6Pをしました。ようするに輪姦されて、もっと回してほしかったと言いました)、彼女は、美貌にも、それなりに高い収入にも恵まれている。
でも、じつは、自分の人生に絶望しているのです。
絶望しているから「私の身体がどうなってもいい。無茶苦茶にしてほしい。ありえないくらいの快感を味わいたい」と思うのです。
その気持ちを端的に言うと「わたし、犯され願望があるの」と、こうなります。

ちなみに、ドSの人も同じです。自分の人生に絶望しているから、鞭で男をしばいたり、唾を飲ませたりするのです。
「自分の身体がどうなってもいい=死んでもいい」「ありえないくらいの快感を味わいたい。味わっている間は死にたい気持ちを忘れることができるから」と思っている人って、ようするに、精神的なSとMの両極に住み着くのです。

今の世の中は、クリーンなものを称賛し、グレイなものやエグイものを排除します。
絶望というグレイかつエグイものは、だから排除されます。
「変態」は、「私たちとは別のカテゴリに住む人」と「差別」されたうえで排除されます。
でもしかし、人間はみんな絶望しているのです。そのことを知らない人が「犯されたい願望=変態」と、アホみたいに騒ぐのです。

イケメンセラピストによる女性向けエステ
『メンズセラピスト』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。