ちょっとアソコが痒いんだよね~では済まない!女子が知っておきたい「ヤバい性病」

今回は、マジメに性病についてお話をしたいと思います。男子が性病にかかると、アソコから膿が出たり熱が出たりして、わりと早期発見が可能ですが、女性は無症状なこともあり、発見が遅れ、不妊につながるというヤバイこともあります。ちょっとおかしいと思ったらすぐに病院に行くことをおすすめします。

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

女性が知っておきたいメジャーな性病を3つご紹介しますので、参考になさってみてはいかがでしょうか。さっそく見ていきましょう。

■1:性器ヘルペス

ウイルスが原因で、性器に水泡のようなものができる病気です。彼がヘルペスだという場合に感染する可能性が高いとされています。またフェラで感染することもあるそうです。

病院に行くと、薬を処方してくれます。すごくマニアックな性病ということもなく、わりとありふれている病気のようで、「性器ヘルペス」で検索すると、対処法がたくさん出てくるので、まずは焦らず「よく知って」「病院に行く」ことをおすすめします。

■2:クラミジア感染症

クラミジアは、女性は気づきづらいようで、無意識のうちに人から人へと感染する恐れのある病気です。

性感染症の約半数はクラミジアだと言われているくらいメジャーな病気で、男女比で言えば、女性患者は男性の倍。つまり女性に潜伏している可能性の高い病気です。

感染するとおりものの量が増えたり、不正出血、下腹部痛、性交痛、排尿痛などの症状があります。で、これらの症状を「ちょっと生理不順かな」と放置しておくと、どんどん悪化して不妊につながるとされています。

ちょっとヤバイと思った時に、病院に行くというのが賢い対処法ではないでしょうか。

■3:淋病

「りんびょう」と読みます。男性は淋病にかかるとおしっこをするときに激痛が走ると言われています。こちらもクラミジアとおなじく、女性は無症状であることが多く、知らず知らずのうちに男性にうつしていることも!

昔は風俗嬢からうつされる男性が多かったという見方もあり、ゆえに淋しい(さみしい)という字を当てて淋病といいます。

女性が感染すると、卵管炎や、子宮付属器炎、骨盤腹膜炎と感染が拡がっていき、不妊症になる可能性もあります。

みんなが知りたい!エッチな話題・ブログランキングへ
子宮をあたためる☆女性のためのアダルトブログランキングへ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。